未来から観た今の自分は、常に未熟であるように。 媚びない人生 ジョン・キム ダイヤモンド社

何でこの本を手に取ったか覚えてないが(最近そんなんばっか)
いわゆる人生本だった。(タイトルからしていかにも)
慶應の准教授でゼミで教える著者が、自らの厳しい人生体験をベースに
キムゼミ最終講義「贈る言葉」としたもの。

将来に対する漠然とした不安を抱くゼミ生たちが、今この瞬間から内面的な革命を起こし、
これからの人生を支える真の自由を手に入れるための姿勢や考え方、
そして行動指針を示したもの

とある。



まあ私も50年以上生きてきて、しかもコヴィーやナポレオンソロなど様々な本を読んできて、
一応いろんな体験をして悩み考えてきたので、
ここに書かれていることはある程度じぶんのものになっているつもり。
(著者のように10歳そこそこで一人暮らしを始めて、母国韓国を飛び出し、米国日本英国ドイツを渡り歩くような
壮絶な生き方はしていないけれど、、、)

なので後は目次にお任せすることとする。
ダイヤモンド社なので、例の充実した目次。
これである程度内容はわかる。

でも第七章のこの言葉は目次にないけどかっこいいので転載します。

過去から観た今の自分は 常に成熟した自分であるように。
未来から観た今の自分は、常に未熟であるように。

こういうきめ台詞が思いつけば、自分も本が書けるかな。
2013年こそは!


目次
はじめに

自分と向き合い、悩みなさい。そして、どんな瞬間においても、自分のことを信じなさい



プロローグ

「強さ」だけが人間を独立した存在に導く



第1章 「今」と向き合う~自然体になれる強さを手に入れる

世界を征服するより、自分を征服するほうが難しい
失われた自分を取り戻す
自然体とは、内面と外面が一致している状態
幸せの絶対的な基準を持つ
不満の原因は、自分の中で見つける
強がりは、成長の糧となる
学びに対して貪欲であれ
自分にとっての理不尽は、相手にとっての合理である
本当に権威がある人は、権威を振りかざさない
従順な羊ではなく、野良猫になれ



第2章 自分と向き合う~富士山でなく、エベレストを目指せ

漠然とした不安に負けない
恥じるべきは、無知への無知
知ったふりはしない
途方もない目標を立ててみる
日常は自分が選択した結果に過ぎない
孤独とは、自分と向き合う時間
ネガティブな感情に居場所を与える
すぐに結果が出ることなど、大した挑戦ではない
起きてしまったミスは、肯定的に捉える
結果に対する全責任を負う決意に基づいた選択は、常に正しい
成長に終着駅はない



第3章 社会と向き合う~不可抗力に逆らわず、可抗力の統制に集中する

不可抗力に逆らわない
普遍的な真実はない。社会的な真実があるだけ
説得力によって、社会的な真実を創りあげる
理解なき批判をしない
2割話し、8割聞く
空気を破る─自分は独立した存在であることを示すために
常識を疑い、前提を疑う
むやみに自己主張はしない
多元的に物事を見る機会を作れ
見えないものを見て、聴こえないものを聴く
誰も見たことのない地図へと塗り替えよ



第4章 他者と向き合う~絶対不可侵領域を持った自己を育てる

他者の目を気にしない。評価を過大評価しない
事前許可なしで動ける人間であれ
言葉は、量ではなく重さで勝負せよ
時には戦略的に取り込まれる
群れから離れる
枠から意識的にはみ出す勇気を持つ
自分だけの山を見つける



第5章 仕事と向き合う~超ガラパゴス人材になる

代替不可能な自分を創りあげる
社会を知らずに仕事を選んでいることに気づけ
常に経営者的な意識を持つ
最終決定を他人のものにするな
やりたいことをやるためにも、やるべきことをこなす
見せるのは結果だけ。過程は見せない
思いつきは99%実現しない
目的意識を持つ。アクション志向を持つ
目標設定は抽象的に、実現方法は柔軟に
評価軸を外に置かない
ボーダーを超える異端児となれ
クリエイティビティは違和感から生まれる
接点思考で新しい文脈を創りあげる



第6章 人生と向き合う~5年後の計画は立てるな

人生の目的、方向、スピードを意識する
5年をひとつの人生として捉える
動いた分、報われる
当事者意識を持つ
直感を信じ、直感を磨く
緊張を楽しむ
戦略的にやめる
書籍をA4の紙1枚にまとめられるか
肯定のオーラの起点となれ
すべてを「師」に変えていく
理想の自分に変わる方法がある
旅に出よ。居場所を変えよ



第7章 未来と向き合う~純度の高い自分を創る

スケジュール帳に白の空間を広げる
居心地の良さを警戒せよ
成功も失敗も、「状態」である
Fail faster, succeed sooner
成功体験の奴隷にならない
すぐには役に立たない本を選べ
集中力とは、心身の細胞を制御すること
光を見つけ出す。そして見失わない
過去に縛られず、未来に怯えない
瞬間を生きる。次の瞬間、死んでもいいように



おわりに

絶対不可侵領域としての自己を確立し、どんな状況でもそれを貫くことだ

HPに動画がある
http://www.diamond.co.jp/book/9784478017692.html
媚びない人生
ダイヤモンド社
ジョン・キム

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 媚びない人生 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"未来から観た今の自分は、常に未熟であるように。 媚びない人生 ジョン・キム ダイヤモンド社" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント