40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方 葛西 紀明 体幹姿勢代謝

スキージャンプのレジェンド葛西の本。今年の冬季五輪の前に出版。
残念ながら結果は出なかったが、40歳すぎてなお20歳並の体力を誇る秘訣を
惜しみなく公開。

【40代で「疲れない体」にみるみる変わる5習慣】

・体幹トレーニングで「姿勢を整える」
・「10分のランニング」で、むしろリフレッシュする
・上手にサウナに入って、とにかく「汗をかく」
・「代謝を上げる食べ物」を活用する
・ストレッチで「下半身の柔軟性」を高める

というところから入る。
単に身体を鍛える、ということではなく、
むしろ、続けるためにサボっても休んでもいい、くらい楽な気持で出来る、というところに力点を置いている。
たまのどかぐいもお酒もOKと。無理して止める方がよくないと。

私的に参考になったのは第三章。
老いない身体は下半身が作る。
筋肉の7割は下半身にあるという。
下半身を鍛えた方が効率的なのだ。
私も毎日やってる腕立て腹筋はそこそこにして、下半身を強化しよう。

BMI22が理想、というのがちょっときつい。
それで行くと私の体重は64キロがベストということになり、
6キロも多い。
64キロまで落としてもなおパワーが意地できれば、、、
まだ脂肪はたくさんあるし。

考えよう。

メンタル面はある程度クリアしている気はする。

なかなかいい本だった。

第1章 これだけで効果絶大!「疲れない体をつくる」葛西式5大メソッド

体幹を鍛えて姿勢を整える―座るだけでも人は疲れる!姿勢を見直すだけで、肉体も精神も強くなる
1日10分のランニングで、体は劇的に変わる―三日坊主も大歓迎!たった10分の運動で「疲れ知らずの体」になる ほか

第2章 40歳を過ぎても「太らない体」を手に入れる!葛西式「最高の食べ方&飲み方」

なぜ私は20代のころから、ほとんど体型が変わらないのか?
40歳を過ぎて太りやすくなる最大の原因は「代謝の低下」―「運動」より「食べ方」でやせる ほか

第3章 「老いない体」は下半身がつくる!葛西式「下半身強化トレーニング」&「ストレッチ」

なぜ私の身体能力は20代のころとほとんど変わらないのか?
「下半身の強化」こそ「老いない体」をつくる最大のポイント ほか

第4章 「折れない心」は「3角形の法則」で手に入れる!葛西式「メンタル強化メソッド」

脳を疲れさせない―あえて「脳を休ませる」ことで、強いメンタルを手に入れる
笑顔と言葉で「プラス思考」を生み出す―2つの方法で「よいスパイラル」をつくり出す ほか

第5章 心が劇的に強くなる、本番で最高の成果が出せる!最強の「イメージトレーニング」と「呼吸法」を初公開

「最強のイメージトレーニング」で、不安を取り除く―メンタル面がぐっと強くなる!具体的なやり方とコツ
「最強の呼吸法」で、緊張感をゆるめる―緊張が一瞬で消える!効果絶大の「レジェンド・ブレス」のやり方


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック