つる亀庵 彦根 桜鯛そばお花見セット 1550円

大阪出張の帰りに、彦根に寄った。
先日「城」の本を読み、日本には国宝となっている天守閣は
姫路、松本、彦根、犬山、松江の5つしかないという。
姫路松本は見たが、彦根はいったことがない。
大阪からの帰りに寄れる、では行こう、と2月に計画。
そしたらなんと、桜前線急上昇で、そこらかしこで満開。
まさかの桜の彦根城を見ることができる運びとなった。

大阪から新幹線でなく在来線、新快速で彦根に向かう。
電車は外人観光客ばかり。京都でどっと降りる。
そのあとは寂しいローカル線のように、電車は走り、
彦根に向かう。
駅を降りても閑散。
こりゃどうなるんだと思いながらまずは腹ごしらえと、
これもあらかじめ計画していたつる亀庵に向かう。
店の前も桜がいっぱい。いい風情。
中を見ると人がいっぱい。外も。行列。待ち。
20分くらい待ったでしょうか。
中に入るとここからも桜が見える。
こうなると注文は売り出し中の桜鯛そばお花見セット。
外が寒かったので温かい方を頼もうとしたら、
お店のお姉さんが一瞬首をかしげる。
そこで「どちらがお薦め?」と聞くと、
冷たい方が、鯛も締まっておいしいと。
ではそうするしかありません。ちらしずしのセットも合わせて。

蕎麦を上げたものを蕎麦茶で食べながらしばらく待つと出てきました。
綺麗なそば。
三種の薬味でいただきます。
鯛の出汁をかけて。
伊吹そば。
いい歯ごたえ。

しかし、、
なんとなく物足りない。
お上品なのか。
流石関西。
そのまま飲める。
蕎麦つゆとしては薄い。

そうなると温かいほうがよかったか、、、
鯛はこりこりしてるが、もっと味が欲しい。

これは好みだ。
上品だ。

したがって満足感は正直ちょっと、、、
というところだが、
土地の名物をいただいたということでは満足。
滋賀県初登場かな。

画像
画像
画像
画像
画像




関連ランキング:そば(蕎麦) | 彦根駅


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック