Sharpen the Sawそして 思いはかなう

アクセスカウンタ

zoom RSS HIGH OUTPUT MANAGEMENT アンドリュー・S・グローブ, 小林 薫 (翻訳) 教科

<<   作成日時 : 2017/11/06 20:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

インテル元CEOの書き下ろし。実際の部下への指導に用いていたもの。
マネジメントに必要な要素がふんだんに盛り込まれている。
数十年前の著書だが、古びない。
教科書として当然のこと、になっている。
しかし現場ではなかなか実践されない現実もある。
新たな感動はないが、
ビジネスマンなら一度は目を通すべき良書。

マネジャーのアウトプット =自分の組織のアウトプット+自分の影響力が及ぶ隣接諸組織のアウトプット

<アンディ・グローブの教え>
・マネジャーは自分の部門のアウトプットを最高に上げる活動に、エネルギーと注意を注がなければならない。
・マネジャーの最も重要な責任は、部下から最高の業績を引き出すことである。
・マネジャーにできるのは、もともと動機づけのある人が活躍できる環境をつくるだけ。
・ミーティングを招集する前にマネジャーは、自分が達成しようとしているのは何なのか、と自問しなければならない。
・何かに「イエス」ということは、他のことに「ノー」と暗黙にいうことだ。「ノー」と頭を振る気迫、正直さ、規律を身につけなければならない。
・レポート作成は重要だが、読むことは重要でないことが多い。“自己規律訓練"の“手段"なのである。


序文 ベン・ホロウィッツ
イントロダクション
第1部 朝食工場――生産の基本原理
1章 生産の基本
2章 朝食工場を動かす

第2部 経営管理はチーム・ゲームである
3章 経営管理者のテコ作用
4章 ミーティング──マネジャーにとっての大事な手段
5章 決断、決断、また決断
6章 プランニング画化──明日のアウトプットへの今日の行動

第3部 チームの中のチーム
7章 朝食工場の全国展開へ
8章 ハイブリッド組織
9章 二重所属制度
10章 コントロール方式

第4部 選手たち
11章 スポーツとの対比
12章 タスク習熟度
13章 人事考課──裁判官兼陪審員としてのマネジャー
14章 2つのむずかしい仕事
15章 タスク関連フィードバックとしての報酬
16章 なぜ教育訓練が上司の仕事なのか
最後にもうひとつ─これからの行動指針チェック・リスト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

森と水のエコクイズ2010
HIGH OUTPUT MANAGEMENT アンドリュー・S・グローブ, 小林 薫 (翻訳) 教科 Sharpen the Sawそして 思いはかなう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる