「第51回日本ラグビーフットボール選手権 決勝 パナソニック30-21 東芝 #rugbyjp

なんだか消化不良の試合。
試合早々パナは圧倒的にボールを支配、あっさりPGで先制。おまけにベイツシビンで絶対優位のはずがその間トライをとれず。
なんだかリズムに乗れない。嫌な感じ。
逆に攻め込まれ19分に大島にあっさりトライを許す。3-7。
その後攻め込み30分左が開いたところでバーンズから山田に渡り10-7。
ところがその直後no8望月に持ち込まれ10-14で前半終了。
なんだか嫌なリズム。ケガやらシンビンやらスクラムの組み直しやらで間が空く。
パナサントリーだったらそうはなるまいにと思う。
後半。
6分21分と、相手を崩して林が、代わったJPがトライ。間16分にPGも決めて27-14。
これで勝負あったと思ったら23分東芝ノーホイッスルトライ。途中出場のクーパブーナと、ようやく本格復活?のリーチマイケルでもっていった。
3トライ同士。差は反則の2PGのみ。27-21。
緊迫。
しかしスーパーリーグ仕込みの田中のタックルでクーパブーナを止めるなどがあり、東芝にチャンスが広がらない。
逆にパナ攻め込みペナルティを得て34分PG成功、30-21これで決着、最後はボールをしっかりキープして試合終了、パナ会社変更後初の日本一。
バーンズの足が痛そうだったのが気になる。歩き方が変だった。

これでトップリーグの覇権ははっきりと、サントリージョージスミスからパナソニックえリックバーンズに移った。
トニーブラウンが持ち続けた覇権を奪い返した。スミスは今シーズン太りすぎ。サントリーはちょっと緩んだな。

19571人。入ったほうだろう、これでも。

今シーズンが終わった。ありがとう。やはりベストゲームは12月のパナソニックサントリー戦。
あれが覇権交代、王者交代の一戦だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック