Sharpen the Sawそして 思いはかなう

アクセスカウンタ

zoom RSS クオリティ国家という戦略 これが日本の生きる道 大前研一

<<   作成日時 : 2013/05/13 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年1月に出版された大前先生の最新刊。
これは明確。
論理構成が実にわかりやすい。

日本は加工貿易立国で戦後成功してきた。
いまだにその仕組みの中にいる。
しかし世界のグローバル化ははるかに進み、
日本は中途半端な国になってしまった。
BRICSに代表されるボリューム国家か、経済規模は小さく一人当たりGDP400万円以上のクオリティ国家か、どちらかを選ぶしかない。
人口1億2千万ではボリューム国家はあり得ず、クオリティ国家をめざすべき。
ではクオリティ国家として成功した事例を見よう。
スイス、シンガポール、デンマーク、NZ、ノルウエー、デンマーク、フィンランド、スウェーデン、韓国、台湾。
これらの国に共通しているのは、国際的人材を育てる教育と、政治の力だ。
これを実現するには、今の日本の規模では大きすぎる。道州制を導入し、大統領的権力者を擁して改革を進めることだ。
橋下市長の出現でその可能性が出てきた。中央政権になど出てこずに、大阪都から進めるべきだ。

大前さんの20年来の主張の道州制の真の目的が明確になり、かつ大前さんが進めているビジネスブレイクスルーによる人材育成の意味が
よくわかる。
今度の総会でBBT大学の成果など聞いてみようかしら。何を持って成果とするかを準備しないと恥をかきそうだな。
一流企業への就職数なんて言ったら馬鹿にされそう。ちょっと考えよう。

そうそう、デンマーク、スウェーデンの雇用政策について触れているのが特筆される。
解雇規制の緩和だ。
安倍さんがこれを言ったら批判が集中した。「安心して働けない」と。
安心して働くことなどありえないのだ。
経営者は生き馬の目を抜く世界で闘っている。なぜ雇われたものが安心していられるのか。
その気のゆるみが今の日本を停滞させている。
こうした声が多数派と思わせるメディアが悪い。
解雇しにくいということは、とりもなおさず人を採りにくいことにつながり、若者の失業率が高まるのだ。
まさに既得権益。定年退職、退職金、年金、医療、延命、、、ろくなことにならない。組織に、国にたかる者を増殖させるだけ。
この淀みを無くさねば。

正直結構安倍さんのやろうとしていることはまっとうなんだ。
ここ数年自民より民主を応援してきた私としては不本意?なことながら、
安倍さんはネット世論に寄り添っている気がする。
もっとも96条改正はいただけない。わが同窓長島議員は憲法改正に風穴を開けるための奇策として認めるべきといっているが、
そうだろうか?
憲法を読んだことのある人であれば、今のままの内容、かきぶりでいいとはだれも思わないはず。
堂々と内容の改正を訴え、3分の2の議員の賛成を経て、国民投票にかければよい。

それと、TPPを進めようとする意味もようやく分かってきた。
改革のために外圧が欲しいということだ。
この本のように大前さんら知識人が吠えても日本は動かない。既得権益者ががっちりガードする。
それを突破するためには外圧しかないということだろう。
医療保険がとりざたされているが、「盲腸の手術に100万円もかかる」等がクローズアップされるが、
若い人の盲腸は保険を維持するとして、年寄りの体の不調に保険を使うことはないのだ。それは病気ではなく老化なのだから。
そういう改革をするのにTPPを使うのであれば理解できないこともない。劇薬には違いないが。

必読の本!

序章 「中途半端な国」になってしまった日本
第1章 世界の変化―世界で台頭する新たな国家モデル
第2章 実例研究1―クオリティ国家の代表格、スイスを現地視察
第3章 実例研究2―「事業戦略型国家」シンガポールの工夫
第4章 実例研究3―日本が学ぶべきクオリティ国家のしたたかさ
第5章 進むべき道―日本新生への新たなビジョン「クオリティ国家」戦略
クオリティ国家という戦略 これが日本の生きる道
小学館
大前研一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クオリティ国家という戦略 これが日本の生きる道 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



http://www.bbt757.com/book/quality/
9784093798396

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

森と水のエコクイズ2010
クオリティ国家という戦略 これが日本の生きる道 大前研一 Sharpen the Sawそして 思いはかなう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる