Sharpen the Sawそして 思いはかなう

アクセスカウンタ

zoom RSS 知的好奇心をくすぐられた良書 ロボットとは何か 石黒浩

<<   作成日時 : 2009/12/26 17:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

講談社新書はときおりとんでもないいい本を出す。
この本を読んだ後の感動は、福岡伸一氏の「生物と無生物の間に」を読んだときの感動を思い出させた。

何がそうさせたのか。読みどころ満載であるが、3つにしぼってみよう。

1.著者はもともとの研究対象はコンピュータビジョン、つまり機械がどうやってものを認識するか、だったが、身体による体験が認識に有効であることを知り、ロボットへと研究対象をシフトしていったこと

2.ロボットに究極のインタフェース機能を期待すること

3.「ロボットに心があるか」というテーマを通じて、実は人間に心があるのか、心とは何なのかを追及していること

だろうか。ちょっとまとまり切らないが、、。
なんといっても3は圧巻。
「ロボットの動きに心を感じる」のは当たり前と思う。
我々は二次元の漫画、アニメの人物に心を感じることができる。文章の中の登場人物にも感じる。まして三次元、同じ空間にいるロボットが、人に近い形をすれば、当然心を感じると思う。
相手の心は、相手にあるかどうかはどうでもよく、自分の中にあるのだ。

ということは、人は人との関係の中でしか生きられないということになる。
それが今、他人とコミュニケーションがうまく取れず、一人の世界に生きる人が増えているように思える。そのほうが過ごしやすい、というのであればまだいいが、そうしたくないのにそうせざるを得なくなり、悩み、自殺へと至る人も多いのではないか。その積み重ねが3万人につながっているといえるのではないか。先進国で群を抜く多さ。これは個人の問題ではない。社会の病気だ。
自殺予備軍はその10倍、30万人といわれる。異常事態。なんとかしたい。

ということまで考えさせられるほど刺激を受ける良書だ。

著者は英国コンサルティング会社SYNECTICSの「生きている天才100人」調査で日本人最高位の26位に選出(2007年)されるような人らしい。
自分の娘、自分自身もアンドロイドにしてしまう、すごい研究家。
それでいてこの文章が書ける、、、すごい。

今年自分で読んだ130冊の本の中で、間違いなくベスト3に入る本だ。

副題 人の心を映す鏡

プロローグ ロボットは人の心の鏡
第1章 なぜ人間型ロボットを作るのか
第2章 人間とロボットの基本問題
第3章 子供と女性のアンドロイド――人間らしい見かけと仕草
第4章 自分のアンドロイドを作る――<人間らしい存在>とは
第5章 ジェミノイドに人々はどう反応し、適応したか――心と体の分離
第6章 「ロボット演劇」――人間らしい心
第7章 ロボットと情動
第8章 発達する子供ロボットと生体の原理
第9章 ロボットと人間の未来
エピローグ ロボット研究者の悩み

***
三洋・サントリーが1月9日に全勝対決。(サントリーはトヨタと引き分け)。東芝は勢いがなくなった。やはり去年のショックか。NEC−ホンダはようやくNECが実力発揮。降格はホンダに決まり。山田さようなら。
**
クリーニングと図書館、4キロくらい走ったけど、、。足りませんね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

森と水のエコクイズ2010
知的好奇心をくすぐられた良書 ロボットとは何か 石黒浩  Sharpen the Sawそして 思いはかなう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる