アクセスカウンタ

Sharpen the Sawそして 思いはかなう

プロフィール

ブログ名
Sharpen the Sawそして 思いはかなう
ブログ紹介
マラソン、街歩き、筋トレで体を動かし、美味しいものを食べ、本を濫読し、ジャパン・パナソニック・慶應ラグビーを愛し、大前研一を学びながら、人生に、家庭に、仕事に自己実現をめざしてます。
23年勤めた某製造会社本社スタッフから監査法人に転職し、アドバイザリーサービスと霞ヶ関ビル29階上りで非常に充実した生活を送りましたが、3年8ヶ月勤めて2010年10月で退職。多くの友人に助けられながら、2011年6月やっと再就職、単身赴任。
2012年、東京に戻るべく再就職、2013年12月足立でハーフ1時間25分51秒。2014年3月板橋シティで3時間15分18秒!4月佐渡トキマラソンで6位入賞!!50代の部ですが、、陸連加盟で目指せ東京マラソン!!
2016年10月水戸黄門漫遊マラソンで2年半ぶりに自己ベスト更新。3時間11分。55歳。

ラグビーネタはこちらに引っ越しました
http://ameblo.jp/mayuharu21/

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書) NHKスペシャル取材班 豊島夕張雲南益田横須賀
縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書) NHKスペシャル取材班 豊島夕張雲南益田横須賀 NHKスペシャルの本には、学生時代から「衝撃」を与えられている。 コンピュータの輝かしい未来で驚いたこともあるが、 ほとんどが暗い未来を暗示する内容に暗澹たる気持ちにさせられることが多かった。 この本も同じ。 少子高齢化がもたらす限界集落、都市消滅。 コンパクトシティを目指す町、目指さない町。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/18 21:10
クレージー・ランニング――日本人ランナーは何を背負ってきたのか 部雨市 パーシー・セラティ
クレージー・ランニング――日本人ランナーは何を背負ってきたのか 部雨市 パーシー・セラティ 円谷幸吉、君原健二、瀬古利彦、中山竹通、小出義雄、金哲彦、大胡光次範、有森裕子、高橋尚子 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/17 21:05
五鐵 虎ノ門 料理美味しい
五鐵  虎ノ門 料理美味しい 金曜の虎ノ門。 同業者から声をかけられ訪問すると、 昔の同僚に再会! 転職したのだ。 そのままお隣の居酒屋。 旧交を温めました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/16 21:49
人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書) 井上 智洋 AIとBI 読みやすい!
人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 (文春新書) 井上 智洋 AIとBI 読みやすい! この本、突き詰めて言えば、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/15 20:40
発達障害 (文春新書) 岩波 明 ASD、ADHD、アスペルガー
発達障害 (文春新書) 岩波 明 ASD、ADHD、アスペルガー 「人の気持ちがわからない」 これが親や周囲の教育、しつけの問題なのか、 ひとつの症状なのか、 それを考えなさい、と訴える新書。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/14 23:25
偽りの「都民ファースト」 (WAC BUNKO 258) 片山善博,郷原信郎 希望が、、、
偽りの「都民ファースト」 (WAC BUNKO 258) 片山善博,郷原信郎 希望が、、、 自民党一極政治の打破のために前原民進党代表が 起死回生の策として打って出た、 小池希望の党への合流。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/13 00:46
ピッツェリア ラ・ソフィッタ 渋谷 送別会!
ピッツェリア ラ・ソフィッタ 渋谷 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/12 00:10
実録・交渉の達人ーー国際標準化戦争秘録 原田 節雄 SONY フェリカ
実録・交渉の達人ーー国際標準化戦争秘録 原田 節雄 SONY フェリカ 不思議な人だ。 国際標準化の交渉人として、職人気質で世界的な企業マンを相手に 丁々発止闘う一方、 40年勤めたソニーにおいては、「肩書き」に恋々とする、 サラリーマン根性丸出しの部分を持つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/11 21:58
成功する人は偶然を味方にする 運と成功の経済学 ロバート・H・フランク 累進消費税
成功する人は偶然を味方にする 運と成功の経済学 ロバート・H・フランク 累進消費税 なんてしかけの本なのだこれは! 前半は、成功する人は全部自分の努力のおかげ、 なんて思ったら大間違いだぞ、ということをやんわり証明する。 ウイナーテイクスオールで、ちょっとの差でも1位と2位では その収入が全然違う世界。 1位と2位にどれだけ努力の差があろうか、 ビルゲイツがパソコンに親しんでIBMにMSDOSを提供することになったのも、 10年遅く生まれていれば、あるいは家にコンピュータを扱う環境が無かったら ありえなかった。 グラフがテニスで高い年収を得たのも、ライ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/10 21:55
味楽 (みらく)上大岡 ラーメン+半炒飯 723円
味楽 (みらく)上大岡 ラーメン+半炒飯 723円 上大岡でお仕事。 その後現場を見て、11時を回る。 食べログで事前に調べた店に。 はや満員。 人気。 と言っても小さなお店。2人掛けテーブル3つ、 カウンター6人、かな。 空いたので2人座る。 なんと、その前に分かれたもう一人(車で来てた)も、 車の時間が代わったということで、この店に入っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/09 21:42
気まぐれ消費者 最高の体験と利便性を探求するデジタル時代の成長戦略 液状消費者
気まぐれ消費者 最高の体験と利便性を探求するデジタル時代の成長戦略 液状消費者 テオ・コレイア(著),月沢 李歌子(訳),関 一則 監訳 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/08 22:12
わたしを離さないで カズオ・イシグロ 早川書房 ノーベル文学賞 11年前読んでいた
ノーベル文学賞の発表があり、カズオ・イシグロの名前を聞いた時、 読んだことがあるような気がした。 ●●を●●ないで というイメージまでは沸いた。 調べたら、下記が該当。わたしを離さないで だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/07 18:31
文部省の研究 「理想の日本人像」を求めた百五十年 辻田真佐憲 文部省は竹橋にあり、文部卿は三田にあり
文部省の研究 「理想の日本人像」を求めた百五十年 辻田真佐憲 文部省は竹橋にあり、文部卿は三田にあり 文部省150年の歴史を追いかけている新書。 「文部省は竹橋にあり、文部卿は三田にあり」 お恥ずかしい話だが、はじめて聞いた言葉。 いいことば。 この通りに動いていれば、 日本人も独立自尊、自分の足で立つ国民になったろうに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/06 23:22
フロックの確率 ジョセフ・メイザー 巡り合わせ
フロックの確率 ジョセフ・メイザー 巡り合わせ うーん。 租借しきれなかった。 面白そうなテーマなんだけど。 宝くじに何度も当たる偶然など、 10の巡り合わせの物語をベースに、 それが本当に偶然なのか、そうでもないのかを分析している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/05 21:48
借りたら返すな!―いちばん得する! 儲かる会社に変わるお金の借り方・残し方 大久保 圭太 銀行 傘
借りたら返すな!―いちばん得する! 儲かる会社に変わるお金の借り方・残し方 大久保 圭太  銀行 傘 黒字倒産、ということばがあるように、 いくら利益が出ていても、手元に現金が無ければ、企業はつぶれる。 だったら手元に現金を持っていればいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/04 22:03
シリコンバレー式 よい休息 アレックス・スジョン-キム・パン プロジェクトX
シリコンバレー式 よい休息 アレックス・スジョン-キム・パン プロジェクトX 集中して作業するのは朝の4時間くらいが限界。 散歩するなど脳を休めることで、 かえって新しいアイデアが生まれてくるものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/03 22:15
THE有鳥天酒場 内神田 からあげ食べ放題飲み放題2980!
THE有鳥天酒場 内神田 からあげ食べ放題飲み放題2980! 土曜出勤、午後半休。 16時に神田稲荷湯に集まり、着替えて、4人で皇居を2周して、 稲荷湯につかった後、満を持して有頂天酒場へ。 のどからから、おなかぺこぺこ。良質なたんぱく質をもとめて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/02 21:47
なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか 岩本武範 タイトル、きた!
なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか 岩本武範 タイトル、きた! 凄いタイトル。 このタイトルだけで読みたいと思わせる。 「そうそう、そうなんだよ」と手をたたいた人も多いのではないだろうか。 もちろん中には、「へ?なんで?」という猛者もいるだろうが、 たいていの人はコミュニケーションに苦しんでいるのではないか、と思う。 たいていの男性は、かな。 女性はそこはたくましい。偏見かな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/01 19:54
東京くねくね 松尾貴史 キッチュ節を愉しむ本
東京くねくね 松尾貴史 キッチュ節を愉しむ本 東京23区から都下から船橋、横浜横須賀まで、 街をふらふら、いや、くねくね歩いては綴ったたわいのない文章。 別に観光本でもなければグルメ本でもないのに、 やたら食べてるし呑んでる。 ちょっと行ってみたいなーとも思わせるけど、 どう行けばいいかは別に書いてない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/30 06:39
それでもこの世は悪くなかった (文春新書) 佐藤 愛子 きっぷがいい
それでもこの世は悪くなかった (文春新書) 佐藤 愛子 きっぷがいい 知っているようで知らない佐藤愛子さん93歳。 お兄さんは童謡や誌で有名なサトウハチロー お父さんは佐藤紅緑、小説家。 お兄さんしか縁が無いな。 文学界に身を置き、文人と交流があり、いろんなエピソードが語られる。 夫運は悪く、借金を追う。しかしそれが文学へのばねになる。 悪いことがいいことにつながる、人生いいことある、というトーンで この新書はずっと綴られる。語り下ろしとのことだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/29 23:09

続きを見る

トップへ

月別リンク


森と水のエコクイズ2010
Sharpen the Sawそして 思いはかなう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる