テーマ:村上龍

読み応えあり。 村上龍 心はあなたのもとに

I'll always be with you,always. トレーダー上がりで成功した50歳の妻子ある金融マンと、1型糖尿病の持病を持つ31歳の風俗嬢の心の通い合いを描いた小説。携帯メールの文面が二人の間の出来事を表し、なんとも雰囲気がありました。 病の発症と結婚がほぼ同時だった香奈子は、義母とあわず離婚し、風俗で生計を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳とは、発情期とは 村上龍 歌うクジラ 下

なにやら不思議な冒険だったが、テーマは発情期だったのですね。ほとんど人間だけ年がら年中発情期。そこにおける脳の働きとは。SFチック、近未来小説の形をとって、村上龍さんはこのあたりを伝えたかったのでしょうか。 桜の下で読んでました。 歌うクジラ 下講談社 村上 龍 Amazonアソシエイト by *** 昨夜ぐっすり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現代を鋭く斬る村上龍氏の、現代の延長線上にあるであろう近未来小説 なのだが・・・・ 歌うクジラ 上 

久々の村上龍の小説ということで読んでみた。 カンブリア宮殿 http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/ や JMM http://ryumurakami.jmm.co.jp/ で、鋭い視点で現代を斬る村上龍が書いた近未来小説。 期待しないわけにはいかない。 が、、、読み始めて、、、、んん? よくわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上龍のものの考え方は自然だと思う 「無趣味のすすめ」

その昔は「龍ズバー」、いまはメルマガJMM(Japan Mail Media)と「カンブリア宮殿」で、村上龍の言動を見聞きする。もちろん著作も「半島を出よ」「13歳のハローワーク」などはおさえている。 そういうこともあって、今回この「無趣味のすすめ」なる本を手にした次第。一体どんな「趣味論」が出るのかと思いきや、、、 コラム風の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 カンブリア宮殿2

面白いです。 しかも1日の放送はまさにこの本の登場人物がオムニバスで出てきて、、、 他の放送局が福田退陣でドラマ(おだゆうじ)も映画(嫌われ松子)もすっとばしているのに、龍さんをちゃんと放送したテレビ東京、好きですね。 カンブリア宮殿 村上龍×経済人II日本経済新聞出版社 村上 龍 Amazonアソシエイト by ウェブリブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンブリア宮殿 ワタミ 渡辺美樹

 この番組、二重の意味で興味があり、ビデオに録った。  ひとつは村上龍のトークライブであること。村上龍のメルマガはここ数年読み続けており、そのメルマガの中で子の番組も紹介されていたのでぜひ見たいと思っていた。  そしてふたつめがゲストがワタミ社長であること。大前研一の学習の中で、企業分析があるのだが、それがワタミだった。彼の夢に期限…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 半島を出よ(上下) 村上龍 幻冬舎

上下全部で1000ページに及ぶ大作。10日かかって読みきった。 読み応えありました。 村上龍。 私は村上龍のJMM [Japan Mail Media] 【WEB】    http://ryumurakami.jmm.co.jp/ 【MAIL】 info@jmm.co.jp のメルマガの愛読者なのだが、ここでの彼…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more