テーマ:大前研一

個人が企業を強くする「エクセレント・パーソン」になるための働き方 大前研一 学び

毎度の大前節さく裂である。 多くの内容は記事やメルマガや講演ですでに認識しているもので、 真新しさはなかったが、 本になって読んでみて改めて考えさせられることがあった。 それは大学。 国立で80万、私立で120万の費用をかけて、 大卒の肩書を得て入社して得る賃金は300万。 約半数は学費が払えず奨学金という名の借金をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大前研一 日本の論点 2018~19 樫本大進さんとの対談とは?

毎度の大前節さく裂。 常に大前発言にはアンテナを張ってるので、真新しい内容はない。 一貫している。分かる。理解できる。 ところで でも樫本大進さんって? 音楽家。 大前さん、音楽好きなのは知ってるけど、 この本に関係ないんじゃないの? 木に竹を接いだような、、、 大前さんの趣味の広さ、世界の広さを伝えたい? 意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株式会社ビジネスブレイクスルー 第18回定時株主総会 お土産は冊子2冊!いいね!!

株式会社ビジネスブレイクスルー 第18回定時株主総会 BBT大学大学院10年のあゆみ 副社長の文科省認可に向けての再現ビデオつき 811名、ボンド入れて995名が修了。間もなく1000名。 アタッカーズから今期上場2社。FINTECの団体のトップも出身者。 質疑 ①IT,AIによる研修環境変化は?   モバイルで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本から世界的イノベーションを生むには 大前研一 12/10 COMPANY Forum 2015

マッキンゼー・アンド・カンパニー 元アジア太平洋地区会長 株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役社長 ビジネス・ブレークスルー大学 学長 大前 研一 氏 1.教育を変える 答えを見つける能力 21世紀は答えがない   光った人材とは ゼロを一にする人材 更に1を10,100にする人材 1.2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「これから5年で日本経済を待ちうける3つの試練」大前 研一 氏

①真のグローバル化が出来ていない業界が多く残されている  電機業界は激しい国内競争の中商品開発を続けたが、ジョブズにやられスマホのアイコンに。  国内ビール4社は激しい競争だが世界ではその他、つまり地ビール。  TPP農業は解決策ではない。オランダくらい徹底的に破壊され立ち直り、輸出国になるならいいが。  スイスやスウェーデ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

低欲望社会 「大志なき時代」の新・国富論 大前研一  戸籍、一極集中、法人税下げ、ばか地方議員、、、

現状の日本の最大の問題は「低欲望社会」になってしまっていることであるのに、 国の政策は的外れになっている。 ということで諸政策を容赦なく論破。 戸籍をなくし、子育てに厚い政策を取らない限り出生率は上がらない。 労働人口は毎年40万人減っていくのには到底間に合わない。人口は20年の計が必要。 生産性が上がるとは思えないので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グローバル競争の考え方、日本企業の戦い方 Hitachi Innovation Forum 2014

株式会社ビジネス・ブレークスルー 代表取締役社長 ビジネス・ブレークスルー大学 学長 今日は40年前自分が勤めた日立の講演なので、「日立の戦い方」も持ってきている。 21世紀は20世紀と全く違う。新しい秩序を描く人間が勝つ。 10年以上前に著した「見えない大陸」で、 21世紀は戦う空間がreal、cyber、gl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年、日本企業飛躍のカギ 2014/10/15 大前研一

2020年に日本を成長軌道に乗せるための最大の課題は国家債務、少子高齢化という難しい問題である。 このことを踏まえ、5つのことを話す。 ①旧態依然とした秩序を破壊する ②3つのクラウドをフルに利用する ③練習する ④国を知る ⑤サイトを知る これらを実践することだ。 ①旧態依然とした秩序を破壊する 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株式会社ビジネスブレークスルー第16回定時株主総会

株式会社ビジネス・ブレークスルー第16回定時株主総会 2014年6月27日(金)午前10時、Ohmae@workビル地下1階セミナーホール 大前研一代表取締役が議長となり、事業報告。 企業集団の売上は史上最高となったものの、利益は10%以上減少。大前さんは額だけ説明。売上増は言ったが、利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の論点  大前 研一 プレジデント社 ・・・日本の論点メッタ斬りです。

日本の論点  大前 研一 プレジデント社 ・・・日本の論点メッタ斬りです。 雑誌プレジデントに連載中の「日本のからくり」をまとめたもの。 その意味では勝手知ったる大前節、1スマホのアイコン、2クオリティ国家、3心理経済学、4台湾、5貿易赤字国は必然、 6一泊二食、7住宅自動車教育、8競争、9最適地農業、真新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方 大前 研一

大前研一師匠の新刊。 大前ライブで毎週最新の師匠の言葉を聴いていることもあり、 新しい発見は少ない。 日本文科省の正解をたたきこむ教育、偏差値教育ではそれを受けた日本人はグローバル社会を乗り切れない、稼げない、 自分で考える教育をすべきだ、という大前節が炸裂している。 新しい発見はひとつ。 CDはipodに駆逐され世界中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年度ビジネス・ブレークスルー株主総会 大前研一社長

仕事を半休してビジネス・ブレークスルーの株主総会に。 会社が秋葉原の富士ソフトビルから麹町に移った関係で総会会場も麹町に。 しかし、事務所のある麹町スクエアではなく、昔からのOhmae@workビル。 いまだいったことのない麹町スクエア。 四谷から双葉中高、番町小を横目に見ながら笠さして歩いて到着。 地下。大前ライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クオリティ国家という戦略 これが日本の生きる道 大前研一

今年1月に出版された大前先生の最新刊。 これは明確。 論理構成が実にわかりやすい。 日本は加工貿易立国で戦後成功してきた。 いまだにその仕組みの中にいる。 しかし世界のグローバル化ははるかに進み、 日本は中途半端な国になってしまった。 BRICSに代表されるボリューム国家か、経済規模は小さく一人当たりGDP400万円以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成考現学 混迷の時代を読む技術(ベストセレクト 825) 小後 遊二 (著) 大前研一監修序文

この本が届いたときは、「あれ?こんな本頼んだっけ?」 表紙を見て、「誰、小後 遊二って?ああ、大前さんの弟子か。」 数ページ読んで、、「大前さんってば」 大前研一 小後遊二 ご本人でした。 何でこういうペンネームが必要だったか、深いところはわからないけど、 何も知らずに小後遊二さんの文章として読んでいても、間違いなく書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本企業が世界で戦うチカラ新時代に必要な企業と個人の構想力 大前研一

章立ては筆者責任 【スイスの世界企業と日本の道州制】 ■スイスの状況 クオリティ国家 先週経営者70名を引き連れスイスに行ってきた。 (mayuharu注:向研会海外視察旅行スイス チューリッヒ・バーゼル・ジュネーブ6泊7日『スイスの優良企業から学ぶ』  http://www.bbt757.com/ko…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四つの責任とは・・・  「一生食べていける力」がつく 大前家の子育て 大前 研一 (PHP文庫)

「一生食べていける力」がつく 大前家の子育て 大前 研一 (PHP文庫) 1998年に出た「親が反対しても、子供はやる」という本を改題し、 当の大前研一氏のお子さん2人、と言っても今は成人している、 創希氏と広樹氏のインタビューなどを加えるなど改訂した本。 その昔に呼んだかどうかは覚えていないが、まあ日ごろの大前さんら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さすが鋭い分析 原発再稼働「最後の条件」: 「福島第一」事故検証プロジェクト 最終報告書 大前 研一

3.11直後の原発解説のYOUTUBEが250万ヒットを数えたという大前研一氏の、東電福島原発の自己検証レポート。 ウェブでその解説を聞いたが、本になるとまた印象が違う。 その本、も、A4横。電車で読むにはちとつらいが、見開き右が図表、左が文章という、わかりやすい構造。 よくぞここまできめ細かにデータを収集、分析し、理論づけたと感…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大前研一通信特別版 「警告 めざめよ日本」 楽しいBigTomorrow寄稿編

大前さんがあちこちで書いた文章が集まってる本。 基本的に知ってる内容が多いのでななめ読みしたが、 しっかり読んだのはBIGTOMORROW! これは初見。 しかも大前さん、若者向けに「~だぜ!」とか、 今日日あまり人々が使わない言葉を使ってる。 しかし内容はいい。 別のところでは難しく語る資産の持ち方、お金の使い方を、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リーダーの条件」が変わった 大前 研一 を今頃読んだが、、、

去年の9月に出た本。それも、SAPIOやポストに2010年くらいに連載していたもの。 だからと言って古びるわけではない、大前節炸裂なのだが、、、 最近の大前先生の言動と合わせると、若干変化がみられる。 この本での原発、消費税の捉え方は極めて丁寧。 おおざっぱに言えば ・原発は安全を確認してから再開、それよりなにより節約工夫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費税増税考

庇を貸して母屋を取られる 民主党オーナー鳩山由紀夫元首相にぴったりのことわざ。 消費税法案反対に対し6か月党員資格停止処分。 夢のようなことを語ってたかもしれないけど、 私が応援したのは鳩山ー小沢ラインの民主党だったんだけどな。 その一方わが師匠大前研一氏は「あの法案が通っていなかったら国債は暴落していたはず」 とい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

株式会社ビジネスブレイクスルー第14回定時株主総会

株式会社ビジネスブレイクスルー第14回定時株主総会 大前社長のあいさつで始まった株主総会。 総株主数は2099名。少ない? 総会出席株主は50名足らずか。富士ソフトビル5階のホールがガラガラ。もったいない。 土肥監査役の監査報告。 今年から連結決算。 売上24.64億、営業利益3.34億、経常利益3.38億、当期純利益1.8…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新世紀の大潮流と「勝ち組」の構想力 大前研一氏講演 ネットで投信フォーラム in Tokyo

備忘録的メモです。 大前さんの日ごろの話がまとめて聞けます。 数ヶ月前の大前ライブがちゃんと活きてます。 久々の生大前さんでした。 2つのテーマ。21世紀の潮流と、勝ち組の特徴。 リーマン後の世界経済は新興国が牽引しているのが大きなトレンド。 新興国の人口は若く、多い。紆余曲折はあるだろうが、21世紀半ばまで成長…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

大前研一氏 2011年経済から見た今後の経済見通し

2011年末の大前さんの講演、全部ではなく、30分だけですが起こしてみました 2011経済から見た今後の経済見通し 大前研一 http://guide.jp.real.com/bbt757/synopsis_27160.htm 2010年の世界経済は4つの地雷源があり、連結している。世界同時不安定。 ドル基軸通貨危機 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訣別 大前研一の新・国家戦略論

訣別、とは過去との訣別。 日本はゼロベース改革にとりくまなくてはならない、という著者大前研一氏の叫びだ。 11月に出た本をようやく入手。 書いてある内容は日ごろ目にし、耳にする大前先生の論文の積み重ね、というところ。 そんなに真新しいものではない。 しかし、読みやすい。論理が明確。わかりやすい。すーっと頭にはいる。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大前研一氏が無報酬で調査分析 「福島第一原子力発電所事故から何を学ぶか」をようやく見た

3ヶ月にも及ぶ調査の末、大前氏の出した結論、言いたいことは実にシンプル。 津波の想定が甘かった、のではない。想定を超えようが、何がおころうが、事故の際はなにがなんでも電源と冷却源を確保することが原発には必要なのだ。 この考えが徹底できれば、まだ時間のかかる代替エネルギー実用化までの間、日本経済を維持するための電力源として原発再…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大前研一氏「日本復興計画」 真の解決策はどこに

Japan;The Road to Recovery 震災直後に福島原発の状況を的確に推測して「大前ライブ」で語った内容を、通常は有料なのにYoutubeで1時間以上無料で流して注目された大前研一氏。 その内容を中心日本にした本がこの「日本復興計画」 元原発技師の大前さんが、震災後わずか2日にして、限られた情報から状況をほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

49才就職活動中の私にとってまさに今読む本 大前研一氏が04年に書いた 「50代からの選択」

学習仲間であり、慶應ラグビー仲間であり、私のよき相談相手である友人が、私の就職活動の分析をしてくれた際に、この本をとりあげた。読んだことがあるかと。 ここ10年の大前さんの本はほとんど読んでいるので、当然この本も読んであった。 読んでいればいい、と言ってくれたが、なんとなく気になって、再度読み返すことにした。 読んでよかった。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大前研一氏、四たびYOU TUBE 原発だけではない!日本経済がメルトダウンの危機  

大前研一氏、ここ3週連続して大前ライブをYOUTUBEで無料配信。 アクセス数が50万を突破し、気をよくしたか、原子力の専門家、と思われたのが経営コンサルとして不満だったか、もう一度コンテンツを無料放送。 2月に放送された向研会の「家計バランスシート・消費不況の現状と課題」という講演。 http://www.youtube.com…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発 現状と今後とるべき対応策 (大前研一ライブ580) メモ速報。

会員限定大前ライブ公開3週目!またメモしました。荒いですが速報で。 http://www.youtube.com/watch?v=5mBlngPiaSY ■地震から2週間、最初被害少ないと言っていたが3万人になりそう。 1900年以降の世界の大地震に比べれば少ないが、日本としては大変な被害。 ■岩手宮古市田老地区の全国最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more