テーマ:ジョン・キム

未来から観た今の自分は、常に未熟であるように。 媚びない人生 ジョン・キム ダイヤモンド社

何でこの本を手に取ったか覚えてないが(最近そんなんばっか) いわゆる人生本だった。(タイトルからしていかにも) 慶應の准教授でゼミで教える著者が、自らの厳しい人生体験をベースに キムゼミ最終講義「贈る言葉」としたもの。 将来に対する漠然とした不安を抱くゼミ生たちが、今この瞬間から内面的な革命を起こし、 これからの人生を支え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more