火山噴火で町が滅びる、、、ダンテス・ピーク

タイトルから想像してたのは偉人の映画で、全然違う内容だったけど、その迫力は凄かった。地震、火山の噴火でほんとに町が壊れていく。主人公は007のピアース・ブロスナン。早い段階から噴火を予想したが町の発展を優先する人々の前に避難をさせられない。走行しているうちに地震、噴火が本物になり、あとは修羅場。
画像

この映画の見せ場は参加した湖をボートで渡りきろうとする主人公+市長一家が、あと一歩で岸というところでスクリューが酸で溶け、ボートもまもなく沈むというところで、市長の母親が湖に飛び込み、ボートを岸までつけたところだろう。老いた者が子や孫のために犠牲になる。他人のために自分を捨てる、人間としてこれ以上美しいことがあるだろうか。もっと感動の場面にしてもよかったと思うなぁ。
しかし火山噴火、溶岩の場面は本格的。どうやって撮っているものやら。97年の作品、CGはもういい線いってたのですね。

エドモン・ダンテスと混乱していたようです。モンテ・クリスト伯ですな。

***
慶應、早稲田とひきわけかぁ。
前半スクラムトライを含む3トライで早稲田にトライを許さず、17-3、そのまま圧勝と思ったんだけど、、、
暑さとかメンバー交代とかわからないけど、後半は4トライを許し、慶應は1トライのみ、ロスタイムにPGで引き分けに持ち込んだということで、、、。
初戦の早稲田相手に。
気が緩んだのかな後半、それとも暑さでフィットネスもたずか?
***
雨の日曜動けません。
夕方晴れて少し歩いたけど7900歩しっかり23分2600歩。67キロはまずまず。

"火山噴火で町が滅びる、、、ダンテス・ピーク" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント