マツダがBMWを超える日 クールジャパンからプレミアムジャパン・ブランド戦略へ (講談社+α新書)

タイトルからは想像できなかった、内容の濃い本。
ベンツやロレックスのもつブランド価値を、レクサスやグランドセイコーが持っていないことを
消費者サイドから分析。
確かにそうだよなと思わせる。
日本は値段の割に良いものを作っている、というのがコンセプトになってしまっているから、儲からない。
あちらは例えばブランド名の違う兄弟車だったら、同じ性能でも高い方(ブランド価値のある方)が売れる。
こりゃ敵わない。

さらに、日本はMAしてブランドを手にしても、そのブランドを消して自社ブランドに統合してしまうことさえある。
勿体ない。
ソニーなど、ウォークマンをはじめ独自の世界を築き、ジョブズにも愛されたのに、ベータの失敗から?失速。

プレミアムブランドになりかけたプリウスも、ハイブリッドが当たり前になって失速。

というブランド小国日本の現状がずーっと続いて、
最後に登場するのがマツダ。

そういえばマツダの車の写真集を最近読んだ、見た。
かっこよかった。KIWAMIだっけ。
プレミアムブランドになる可能性があると。

経営者の考えなんだろうな。
サラリーマン社長ではなかなか厳しい。
でもオーナー社長でもここまで考えが及ばない、、、

近江兄弟社とか、数百年続く会社はどうなんだろう。

江戸時代の職人の技がジャパンプレミアムブランドになればいいのかな。

あ、日本酒!これをそういう位置づけにしたいね。


第1章 高くても欲しいと思わせるプレミアムブランド
第2章 ヨーロッパのプレミアムブランドはなぜ強い?
第3章 ブランド戦略がない? 日本ブランド
第4章 日本からプレミアムブランドを生み出せるか
第5章 「日本」というブランドをプレミアムにしよう!


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック