東京近郊スペクタクルさんぽ 宮田珠己 街歩き

NHKでチコちゃんが、歳を取ると1年が早いのは、ときめきが亡くなるからだと言っていた。
この本、東京近郊をときめきを持って歩こう、という本。
スペクタクル、とはそんな意味と受け取った。

はじめに――散歩の危機

第1章 地底湖とヘンテコな町
パズルのような町と穴
地底のリゾート

第2章 地下500mの巨大空洞
ダムの面白さがわからない件
上のダムと下のダム
サムイボ的大空間
土木建造物と崇高

第3章 ジェットコースター・モノレール
君はなぜ湘南モノレールに乗らないのか
交通機関というよりアトラクション
なぜモノレールなのに、ダイナミックなのか
湘南・鎌倉スペクタクルさんば特選コース

第4章 もりあがる彫刻(波の伊八編)
人はなぜ社寺彫刻を見ないのか
日本最優秀の龍
ゴッホは伊八の影響を受けていた?
すぐれた社寺彫刻は3Dである
伊八の特徴は、細やかさ

第5章 ますますもりあがる彫刻(後藤義光編)
優れたごちゃごちゃ、題して、うじゃうじゃ
百態の龍
実在の動物のような龍

第6章 ジャングルとカニ
川のすべてを1時間半で
奇跡の森に入る
アカテガニ人生劇場

第7章 世にも奇妙な素掘りトンネル
穴を抜けて別の世界へ
トンネルを掘った人たちはどこへ行ったのか
穴と妄想
現実と異世界が交叉する
まだまだ穴はつづく

第8章 工場のなかを走る電車
配管の迷路
シラカワ氏も工場が好きだった
坂口安吾も工場が好きだった
工場夜景電車に乗る

第9章 隠れキリシタンの魔鏡
反射光に浮かぶキリスト
異形の神像たち

第10章 渓谷と森の番人
気になっていた広大な風景
スペクタクル足尾銅山
森の番人ジャンダルム
神秘の王国への道

第11章 本物の砂漠を見に(前編)
砂漠へは高速艇に乗って
砂漠とジャングルの境目
黒い不毛と緑の濃厚
スガノ氏の失敗
砂漠とプラモ屋
もうひとつのスペクタクル

第12章 本物の砂漠を見に(後編)
三原山のスライダー
中学生による研究「三原山滑走台の謎に迫る」
火口探検のゴンドラ
狂気の火口探検

あとがき
参考文献

読むと確かに行ってみたくなる場所も多い。
備忘録的にどこか、目次に書いてあるかというと、そうでもない。
この本のHPに地図が出ているな。
これでいい。
http://www.shinchosha.co.jp/book/351781/

一応文字にすると(ただし章の順番ではない)

神流川発電所
湘南モノレール(大船駅)
小網代の森
岳南電車(吉原駅)
澤田美喜記念館
松木渓谷
三原山
小網寺~後藤義光~
杉本山観音院~後藤義光~
鶴谷八幡宮~後藤義光~
西叶神社~後藤義光~
称念寺~波の伊八~
行元寺~波の伊八~
飯縄寺~波の伊八~
大山寺~波の伊八~
柿木台第一トンネル~素掘りトンネル~
柿木台第二トンネル~素掘りトンネル~
月崎トンネル~素掘りトンネル~
永昌寺トンネル~素掘りトンネル~
向山トンネル~素掘りトンネル~
濃溝の滝~素掘りトンネル~
燈籠坂大師の切通しトンネル~素掘りトンネル~
三島湖~素掘りトンネル~
大谷石地下採掘場跡(大谷資料館)

波の伊八は観てみたいなあ。千葉だし。
東京近郊スペクタクルさんぽ
新潮社
宮田 珠己

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京近郊スペクタクルさんぽ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック