Sharpen the Sawそして 思いはかなう

アクセスカウンタ

zoom RSS 個人が企業を強くする「エクセレント・パーソン」になるための働き方 大前研一 学び

<<   作成日時 : 2018/04/05 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎度の大前節さく裂である。
多くの内容は記事やメルマガや講演ですでに認識しているもので、
真新しさはなかったが、
本になって読んでみて改めて考えさせられることがあった。

それは大学。
国立で80万、私立で120万の費用をかけて、
大卒の肩書を得て入社して得る賃金は300万。
約半数は学費が払えず奨学金という名の借金をして、
卒業後必死に返済する。

大前氏は、授業料を免除しろ!などとはいわない。
そうではなく、
大学を出て300万しか稼げない、
ということは大学が役に立っていないから。
世界には卒業後1200万払う企業もある。
そういう大学の学びを目指すべき!
日本の企業もそういうことができるようになるべき!
と発想する。
もっともだ。
確かに、4年間で500万以上かけて卒業しても年収300万。
なめとんのか、だ。

国の政策のちぐはぐさにも触れる。
トータルでものを見ていない。
同一労働同一賃金は、
ある意味当たり前だが、
グローバルに見れば、
単純労働であれば世界水準に賃金が下がることを意味する。

やはり結局は宮仕えはだめで、
一人一人が自分で稼ぐ世の中にならないと、
無駄に時間を過ごすばかりの国になってしまうんだろうな。
いったん所属すれば40年安泰、利益も生まなきゃ長くいる意味もないのに、
ボーナスも退職金ももらえる公務員のように。

それで人手不足、というのは何かがおかしい。
いかに働かず残業だけしている人が多いか、だ。

国は簡単に変わらないだろうから、
自分を磨く、それだけだ。
人生100年時代、セカンドキャリア、サードキャリアは当たり前。
これからが勝負だ!

第1章 君たちはどう働くか―間違いだらけの「働き方改革」

(給料が上がらない唯一の国
「貯蓄率」も群を抜いて低い ほか)

第2章 「エクセレント・パーソン」の条件―これからの人材戦略と教育のあり方

(「個人」が莫大な富と雇用を生む時代
「語学力」「統率力」「構想力」 ほか)

第3章 「21世紀型ビジネス」とは何か―シェアリング&アイドルエコノミー最前線

(シアトル発世界企業が多い理由
“繁栄の方程式”は「来たれ!人材」 ほか)

第4章 公務員こそ「働き方改革」を!―国を貧しくさせているのは誰なのか

(「人づくり革命」掲げる政府の「人材難」
噴飯の「プレミアムフライデー」 ほか) 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

森と水のエコクイズ2010
個人が企業を強くする「エクセレント・パーソン」になるための働き方 大前研一 学び Sharpen the Sawそして 思いはかなう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる