特別な酒、喜久酔。冬季限定しぼりたて生原酒

画像
画像
画像
画像


喜久酔冬季限定しぼりたて生原酒を六本木の鈴木三河屋さんから入手。

株式会社 鈴木三河屋
代表取締役 鈴木 修
107-0052
東京都港区赤坂2-18-5
03-3583-2349
http://mikawa-ya.co.jp/
FaceBook
https://www.facebook.com/suzukimikawaya

喜久酔は私にとって特別な酒。
米農家、松下さんの本を読んで、その姿勢に感銘し、酒米をおろしているという喜久酔を飲んでみたくなって、
東京ではあまり売られていないお酒で。ようやく見つけた店がこの鈴木三河屋さん。
純米吟醸もおいしかったけど、偶然買った1.8リットル2000円の普通酒がやたらおいしくて、病みつきに。
鈴木三河屋さんの頒布会に2年以上続けて入り、いろんな美味しいお酒を飲ませてもらう一方。
その米農家松下さんの松下米で作った喜久酔もしっかり買わせていただく。お正月用。

要するに私の日本酒の原点。

でもこの喜久酔冬季限定しぼりたて生原酒ももう作らないとか。
理由はよくわからない。有名になりすぎたか。
私のようなあとから来たファンが多いのか。
日本酒が飲まれているということで、うれしいような、でももう飲めないのは寂しいような。

喜久酔松下米などはまだあるんだろうけど。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

松下明弘
2018年05月15日 21:55
平素からご愛顧頂きありがとうございます。喜久酔の稲作を担当している松下です。松下米は今年も種まきを終え、田植えに向けて準備中です、ご安心を。普通酒しぼりたてですが、昨年で終了でした。終了せざる負えない理由はレギュラー酒の注文が多くて少量生産の酒を削るしかない。ありがたい事なのですが、人気のある酒をやめる決断しなければならず、皆様には申し訳ありません。いつの日か復活いたすべく頑張りますので今後とも変わらずに御愛飲お願いいたします。
2018年05月16日 08:18
私の一番好きな日本酒、喜久酔の酒米を作ってくださっている松下さんからコメントをいただけ感激しています。
というより、私は松下さんの「ロジカルな田んぼ」を読んで喜久酔を知り、鈴木三河屋さんを知り、日本酒にはまりました。
これがそのブログです。
http://mayuharu21.at.webry.info/201304/article_31.html
松下さんのおかげで人生の楽しみが増えたのです。
感激です。
ここ数年、松下米の喜久酔で新年を迎えています。
しぼりたての復活、期待します。
これからもよろしくお願いします。
ありがとうございます。

この記事へのトラックバック