スーパーラグビーセミファイナル チーフス、ハイランダーズ 残念 #rugbyjp

自分の趣味はマラソン、ラグビー観戦、日本酒なのだが、7月30日土曜の休日は、それをすべて堪能した。
まず朝、暑くならないうちにと、9時ごろから近所を1時間、12キロほど走る。
十分暑く、大汗。
さっぱりした後はラグビー観戦。JSPORTSオンデマンド。
16時半からのスーパーラグビー準決勝を控え、まだ観ていなかった、6月25日のNZウェールズ戦、南アアイルランド戦。NZの強さばかりが目立つ試合。アンストラクチャからの波状攻撃と、鉄壁のディフェンス。46-6で圧勝。
南アとアイルランドはいい勝負。南アのハーフ団、NTTコムでおなじみのヤンチースがいい動き、、、前半が終わったところで16時半。
ハリケーンズとチーフスの生放送!
今季からスーパーラグビーを観始めたが、どうしたって日本代表選手が加入しているチームが気になる。
日本代表主体のサンウルブズは当たり前だけど、リーチ、山下のいるチーフス、田中のいるハイランダーズ、
さらに五郎丸のレッズ、松島のブルズは注目していた。
特にNZ勢、チーフスとハイランダーズはその強さに唖然としながら観ることしばし、だった。
チーフスはFBマッケンジー、ハイランダーズは田中をリザーブにおいやる正SHアーロン・スミスにFBベン・スミス。
凄い選手、魅力的な選手がそろっていて、見ていてワクワクしていた。

今回もこの2チーム、勝ち残って、決勝で当たってくれるだろうと思っていたが、、、勝負はそうはうまくはいかない。

チーフスはリーチがリザーブで出場するはずだったのが、直前で入れ替わったかその名前がなかった。
まだ指が万全でないのか。
試合はその三列目の差が出たか、ハリケーンズが押し気味。カウンターからのトライ、インターセプトからのトライと、
ラッキーなところもあったがトライを重ねる。一方チーフスも攻めるがトライに至らない。6-15で前半を終える。
しかしまだどうなるかわからない。後半勝負。その後半ネットの具合か画像が途絶えたら、そのさなかにハリケーンズトライ!後から見たらスクラムからNo8が飛び込んだようで。
チーフスも今季成長著しいマッケンジーがペナルティを決めるが、そこまで。
後半の後半はお互い点が入らず、チーフスは無念の敗退となった。
リーチがいたら、第三列の圧力が増し、自慢のバックスがもっと走れたのではないか、などと思ったり。
マッケンジー、ウェールズ戦はオールブラックスに呼ばれながら出場機会がなかったとか。
スーパーラグビー全試合全時間出場。これから楽しみではある。
ハリケーンズはNZ勢で唯一スーパーラグビー優勝がないとか。去年も準優勝。
今年はどうなる。

夕食に日本酒を楽しみ、、、黒牛?和歌山のお酒。生原酒。まあまあ。

そして22時。今度は田中のいるハイランダーズ。田中の名前はない。
今シーズン田中はけがもあってほとんど出場してない。けががなくてもアーロン・スミスの充実でほとんど出番がない。このままでは日本代表に戻っても、成長著しい茂野には追いつけない。
そのハイランダーズ。
前半から苦戦。南アフリカ・ライオンズの正確なプレーが上回る。NTTコムで活躍しているヤンチースが光る。
代表と同じハーフ団。やんちゃな感じのSHがどんどん前に出る。
さしももニュージーランド勢もたじたじ、というところか。
このライオンズ。サンウルブズの初戦、秩父宮の対戦相手。さほど強い感じはしなかったけれど、ひとつひとつのプレーがしっかりしている。ディシプリンの充実を感じる。日本の目指すラグビーなのかもしれない。
ハイランダーズもダン・スミスが突破するが、なかなかトライに至らない。
逆にライオンズがトライを重ね、試合を決める。20分を残し、主力を温存、ベンチに下げる余裕。
最後は30-42とある程度詰めたが、ハイランダーズ完敗の試合。
アーロン・スミスが元気なく見えるから不思議。
オールブラックスも分散すれば弱い時もある、という試合を2試合続けて観たことになる。

決勝はハリケーンズとライオンズ。
過去の実績からいえばハリケーンズだろうが、ライオンズの充実ぶりは著しい。数年前は下部に落ちていたというのに、信じられない強さ。やはりディシプリンか。そしてヤンチースか。
ライオンズがちょっと上のような気がしてきた。
・・・2週間前はNZ勢で四強、などと予想していたのに、お恥ずかしいところではあるが。

もう一週間、楽しませてもらおう。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック