ラグビー トップリーグ 2015-2016 リコーはこんな試合ばかりなら入場料返せ #rugbyjp

熊谷での2試合。好天。
前半東芝がリコー相手にどんどん走る、トライを重ねる。
先週のパナソニック戦の焼き直しのよう。
それでも先週はパナ相手に4トライを奪ったが、今回はメンバーを落とした東芝に1トライのみ。
そう、メンバーが変わった後半はトライ数1-2だったが前半は0-7。
話にならない。
面白くもなんともない試合。

第二試合のパナソニック対NTTコムが緊迫した試合だっただけになお思う。
山田を怪我で?欠き、高校大学が後輩の児玉がリーグ戦初先発のこの試合。
相変わらずパナは攻め立てたがコムは先週のリコーとは違い簡単にゴールを許さない。
PGで先行し、2PGで逆転されると、今度はトライでリード。10-6。
その後パナに逆襲され、前半は10-16で終えるも、この時点では勝利の行方は分からない。
全勝対決だけのことはある。
前期であればどちらが上かわからなかったリコーとコム。日本代表はどちらも一人ずつだが、
なぜこんな差がついてしまったか。ブロードハーストは頑張っていたが、目立ちはしない。
一方コムの最初のトライはマフィの突進から。目立ち方が違うか。
後半コムは相次ぐ反則でシンビンをくらい、この間にパナは2トライを挙げた。
これが実質勝敗を決した。
シンビンがなければ、、とも思うが、逆に反則すれすれのディフェンスをしていたから、
パナソニックの攻撃をしのげたともいえる。
最後食い下がって7点差で試合を終え、しっかりボーナスポイントを得た。
パナも4トライで勝ち点20。
これで1位通過に大きく近付いた。東芝戦がカギだ。
児玉は山田のようには目立たず。時折ランにいいものがあったけど、運動量が足りない。
山田は今やもっとボールに絡めるようになった。まあ新人には酷か。
しかし来年福岡らが入ってきたらもう居場所がなくなりかねない。しっかりプレーしないと。
JPがいい感じで動いていた。堀江も一度下がって突っ込んでトライ。ホラニも久々トライ。
彼もいいところを見せないとレギュラーが危ない。
田中は一度パスしようとしたところをタックルされて、それがコムのトライにつながった。
コムの動きがいいのかな。稲垣はとにかくタックルしたらすぐ起き上がる。エディ効果だろう。
ヒーナンもよく突っ込んでたし、西原、谷田部もいい動きだった。
それにしても山田はどんな具合なんだろう。

画像
画像

リコー 7-52 東芝(前半0-38)
NTTコム 28-35 パナソニック(前半10-16)
NEC 15-33 キヤノン(前半8-12)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

にゃんたろう
2015年12月06日 13:48
リコーは、ヘッドコーチら首脳が駄目です。外国人選手を引っ張ってくるしか、芸がない。選手がかわいそう。コムは石橋や小倉の加入、ロブペニーが2年目に入ったのが効いている感じですね。
2015年12月06日 21:48
にゃんたろうさんありがとうございます。
石橋、いいですね。いいチームになりました、コム、

この記事へのトラックバック