勝率ゼロへの挑戦 史上初の無罪はいかにして生まれたか 八田 隆 検察VSタフガイ!国民の意識改革を

またまた検察もの。

私が最初に検察の機能停止を知ったのは細野 祐二氏の「公認会計士 VS 特捜検察」だった。

初めに犯罪ありきの検察が、被告人にされた会計士がどう論理だてて説明しても聞く耳を持たず、

起訴され、結局有罪の判決が下った。 上告してどうなっているかはわからない。

その後も小沢一郎代議士、鈴木宗雄元代議士等、無理筋の検察の動きが続き、

村木厚子さんの障害者郵便制度悪用事件で、検察の異常さがようやく世間の知るところとなった。




この八田氏の事件は村木さんのあと、つまり検察が改革を宣言した後に起訴されている。

とっかかりは村木さんの前であったにしても、体質は変わってない。




要するに、東大出の優秀な人たちが、「あいつは金もうけしてる。何か悪いことをしているに違いない。

俺たちが罰してやる」と探りを入れ、何かを見つけると(今回はストックオプションの申告漏れ 

著者は源泉徴収されていると思っていた)犯罪者と決めてかかり、その証拠を見つけるまでは、

逆の無罪の証拠が出てきても引かない。官報複合体のマスゴミも検察のリークに乗り、

犯人扱いで著者を責め立てる。




このシステムが何ら変わっていない。

しかも、検察に起訴されたら最後、日本の裁判所はほぼ100%有罪を出す始末。

それがこの「勝率ゼロへの挑戦」というタイトルにつながっている。




どうやってそのゼロを乗り越えたか、がこの本の主題である。

東大卒で、電通内定に違和感を持って外資の証券会社に入った彼の軌跡を読んでいると、

とにかくタフ。めげない、くじけない。そういう性格だから、検察の執拗な質問に耐え、

納得がいかないと供述書の逆に署名拒否などで戦い抜き、

圧倒的に不利なはずの尋問を五分以上に戦えたことが伺える。

世間知らずの官僚エリートに、世界で戦ってきた証券マンが勝ったのだ、。




村木さん事件で検察や裁判所が変わったから無罪になったのではないのだ。

優秀な証券マンだった彼の能力が無罪に持っていったのだ。




強くなければならない。




そして、この、完全に劣化した日本の官僚システムの一部を変えていかなくてはいけない。

そのためには、国が、おかみがすることに間違いはない、という日本人がずっと持ってきた考えを変えなくてはいけない。

所詮彼らも戦後教育で優秀とされてきた世間知らずな人間の集団。

過ちは当然あるのだ。

それを修正させる仕組みを作らなくてはいけない。

そのためには国民一人ひとりの意識が大事なのだ。




この本はそれを想起させてくれる。良書だ。

ホリエモン絶賛とか。なるほど。


書だ。

ホリエモン絶賛とか。なるほど。

著者のブログ
http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック