パナソニック 39-5 コカ・コーラウエスト(前半15-0)山田トライ!

小雨降りしきる熊谷ラグビー場に、駅から3キロ半傘さして走って行ってまいりました!
三週連続の秩父宮以外での観戦。三ツ沢、足利、熊谷。パスポートさまさま。
自由席には屋根はなく、カッパも用意していなかったので、仕方ないので最上段から見学。

そしたらそれはそれで見やすかった。
新加入豪州バーンズと南アメリカのJPが両センター。
パナ前半はもたつく。ノックオン、ノットストレート、ダイレクトタッチの嵐。
ピッチは相当風が強いらしい。
それでも優勢に試合を進め、18分26分とフォワード戦からホラニが強引に持ち込む。
34分にはバックスが機能してJPがトライ!
後半はバックスタンド芝生席に移動。まだ雨はやまない。小雨。
後半もホラニ。9分。17分ノックオンかと思ったがプレーは止まらずJP独走2トライ目。
前半3本外したFB三輪のゴールも決まりだす。
24分コーラが一本返すが、27分山田がようやくトライ。それもフォワードバックスで前進して最後ごっちゃん、という形。
今日の山田、ディフェンスによくからんではいた。
インターセプトあり、タッチ際のキャッチあり、タックルあり、タックル外されあり、、。
やっぱりタックルはへっぴり腰で、穴があるように見えるんだけど。
ジャパンは難しいんじゃないかなぁ。
画像

帰りも傘さして駅まで走りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

にゃんたろう
2013年10月07日 17:36
なぜ、山田選手が代表キャップを獲得できないかは、私もタックルにあると思っています。しかし、慶應出身であるかぎり、タックルが理由で代表に選出されないのは許されないです。魂のタックルを標榜してきた慶應ラグビーの否定そのものだからです。
2013年10月08日 01:28
にゃんたろうさんありがとうござます。
栗原という先輩に似たんでしょうかね、、、
打ち破ってほしいです!
にゃんたろう
2013年10月08日 10:26
私が90年代後半から大学ラグビーを観戦することから遠ざかっていたのは、80年代の慶應ラグビーから変質してきたと感じていたからです。私は、昔の慶應の泥臭いラグビーが好きだった。勝負には負け続けた時代が多くても何か心を揺さぶる魂がそこに感じられたからです。たぶん、それが魂のタックルが慶應ラグビーの代名詞だったからなのでしょう。エディーも昔の日本代表の低く突き刺さるタックル復活に向けて高阪剛コーチを招いていますが共感しています。今は、ラグビー全体の発展を願う見地から大学ラグビーと慶應ラグビーの進化を応援しています。
2013年10月08日 20:57
にゃんたろうさんありがとうございます。
慶應ラグビーはタックルですね。それしかない!。

この記事へのトラックバック