漂白される社会 開沼 博  漂白されちゃいかんです



著者のインタビュー番組をpodcastで聴いて、興味を持って読んだ本。
この本は何せタイトルが秀逸。
インタビューを聴いたせいもあるかもしれないが、
おおよそ本が主張したいことは伝わる。
そしてさらに、具体的な12の”周縁的な”事例を通じて、いかにそれらが漂白されようとしているかが
よくわかり、現代社会というものを見つめ直すことが出来る。
先日読んだばかりの荻上チキの「彼女たちの売春」も引用されており、
社会問題を立体的に見るところとなった次第。

周縁的な存在として登場する事例は、目次のとおりだけど、
キーワードだけでくくってしまえば

1売春島 (三重県の渡鹿野島らしい)
2ホームレスギャル
3シェアハウス
4生活保護 貧困ビジネス?
5デリヘルスカウト
6バカラギャンブル
7脱法ハーブ
8右翼団体代表
9左翼過激派NPO
10偽装結婚フィリピン
11ブラジル人留学生
12中国エステママ

・・・特に前半は圧巻だった。
ホームレスギャルは2人で移動キャバクラなるものを始めるが、お金がなくてマックで夜を明かす、、
シェアハウスで死人が出た時の対応
生活保護を受けるための指南をし、半分ピンハネ。
などなど。

橋下市長の発言が物議を醸したが、ある意味漂白される社会への挑戦だったのだろう。
現実はおどろおどろしいものが世の中にはある。これに目をつぶるのはインチキ!
といいたかったのだろうが、世界を敵に回してしまうのはまずかった。ここはグローバルにも建前が必要なナイーブな部分だった。
だが、現実にあるのだ。
これを排除しようとすればするほど、かえって世の中は歪むことになる。
小学校時代の優等生が(女の子のイメージがあるが、男も一緒か)そのまま歳をとって正論をはく、
正論だから誰も文句は言えないが、それが世の中をかえって窮屈にする。ストレスが生まれ、リスクが高まる。

視野狭窄に陥らず、広く見たうえで、相手を許容したうえで行動できればいいのだが。
おそらく自分に理解できないものは不安なのだろう。だから排除したくなろう。
私も上にあるような世界とは無縁で来ている。走って汗かいてビール飲めば幸せを感じられる状況にある。
だが、だからといって、上記の世界を否定しようとは思わない。人間の歴史を紐解けばそんなもの当たり前。
漂白された社会はまっぴらだ。

社会の変化を図で表現しようとしているが、これは必ずしもピンと来るものではなかった。
それと「状況下において」という言葉が気になった。状況において、か、状況下で、じゃないかな?

いずれにせよ現代社会を考えるうえでお薦めの本になっている。


目次
はじめに

序章 「周縁的な存在」の中に見える現代社会

闇の中の社会
現代社会とはいかなる社会なのか
「下世話」な存在の先に眠る契機
「周縁的な存在」と「無縁」
網野善彦に描かれた、かつての「無縁」
形を変えて生き残る現代の〈無縁〉
「無縁」の原理を貫く「周縁的な存在」
現代社会の「旅」の中へ

第1部 空間を超えて存在する「あってはならぬもの」たち

第1章 「売春島」の花火の先にある未来

明治以前から売春を生業とする島
国家成長を支える公然のタブー
存亡の危機を迎える「売春島」
摘発と情報化で加速する島の衰退
「裏」の顔を捨てられない島の現実
原発誘致を巡る島民の葛藤、その選択
かつての遊女は最期の訪れを待つ
陰影にまぎれ去る小さき者たち

第2章 「現代の貧困」に漂うホームレスギャル

マクドナルドで眠る二人のホームレスギャル
池袋の少女たち
「移動キャバクラ」の実態
売春論が迎えている変化の特徴
小学生から薬物に明け暮れたリナ
キャバクラ、そしてホストクラブへの入店
「性」と「カネ」で満たされたマイカの人生
日々の顧客情報はノートで管理
わかりやすさが見落とした「現代の貧困」
夜の世界に頼れない二つの理由
わずかなつながりを頼りに今を生き続ける
「あってはならぬもの」が明らかにする社会の真実
二人のホームレスギャルが映し出す「現代社会のあり様」

第2部 戦後社会が作り上げた幻想の正体

第3章 「新しい共同体」シェアハウスに巣食う商才たち

住民の死に直面したシェアハウス経営者
佐藤がシェアハウスの入居を懇願した理由
遺体の引き取りを拒否した遺族
「夜逃げ後処理屋」が営む巧妙なビジネス
遺品整理業の現場
2度目の「漂白」を迎えた佐藤の死
メディアが描くシェアハウス像への強い疑問
ほどよい“群れ具合”が物件運営のカギ
ネズミ講に求める一攫千金の夢
「オフ会ビジネス」に吸い取られるシェアハウスの住民たち
時代が生んだ「新しい共同体」に商才は群がる

第4章 ヤミ金が救済する「グレー」な生活保護受給者

生活保護受給者となった元会社経営者
バブル崩壊で始まった破滅へのカウントダウン
ヤミ金にハマった松下に、ヤミ金が手を差し伸べる
「生活保護受給マニュアル」による過酷な演技指導
申請前から申請後まで、完備された受給情報
業者が斡旋するマンション、その二つの特徴
「純粋な弱者」への期待が見落とした本質
ヤミ金がもたらす「インフォーマルなセーフティネット」
「純粋な弱者」のみが許容される現代社会
「マイホーム」「幸せな家族」という幻想

第3部 性・ギャンブル・ドラッグに映る「周縁的な存在」

第5章 未成年少女を現金化するスカウトマン

女のコの名前を“ポケモン”で管理するスカウトマン
キレイな街で見落とされる現代の「女衒」
未成年少女という「絶対的な聖域」
管理強化が可視化する売春ビジネス
巧妙に進化する“いかがわしさ”の代替機能
敏腕スカウトマンが語る「ビジネスモデル」の実態
情報化が生み出した新事業「援デリ」
細分化された欲望が生み出す市場のすき間
デリヘルのシステムを「援デリ」に応用
「援デリ」に訪れる環境の変化
「絶対的な聖域」があるための不可視性と希少性

第6章 違法ギャンブルに映る運命の虚構

雑居ビルを彩る会員制の闇バカラ
現代の「貴族」が没頭するバカラの魅力
「持つ者はさらに持つ」象徴
「逸脱した存在」が生み出す新たな価値
闇スロットの「小さな逸脱」が人を魅了する
カネを巻き上げる手法は洗練され続ける
“馴染みやすさ”で浸透する野球賭博
熱中させる「ハンデ」の仕組み
胴元が備える絶対的な資金力
重層的な人脈が可能にする摘発逃れ
社会の隅々に浸透する「ギャンブル的な存在」

第7章 「純白の正義」に不可視化される脱法ドラッグの恐怖

「ドラッグ専門家」に手渡された「脱法ハーブ」
ドラッグ吸引が引き起こした壮絶な体験
「違法」の網から逃れた、「合法」の余地が拡大
薬物へのレッテルが和らげる恐怖感
「合法」薬物だから安心という「思い込み」
「ドラッグ初心者」にもたらされた変化
「脱法ドラッグ」10年の歴史
「純白の正義」で引かれた補助線の先にあるもの
売人が語る「脱法ハーブ」ビジネスの実態
社会問題ともされないアディクションのループ

第4部 現代社会に消えゆく「暴力の残余」

第8章 右翼の彼が、手榴弾を投げたワケ

マンションの一室に集められた「プロジェクトメンバー」
右翼団体代表がWEBサイトの運営を始めた理由
「仁義」「任俠」「絆」、そして「良心」への期待
似非同和で成り立つ「怪しい」ビジネス
力と知恵を併せ持つ者だけが生き残れる時代
右翼団体代表として迎えた絶頂期
“シャバ”は小野を受け入れる「余裕」を失う
右翼になるまでの人生
時代の変化で可視化された虚像の実態
「勢い」を見せつけた先にあるもの

第9章 新左翼・「過激派」の意外な姿

デモの中の「普通の市民」ではない者たち
街中に佇む「過激派」のアジト
組織が高齢化する当然の理由
縮小を迎える「学生運動」と「労働運動」
「社会を変えたい」と活動に参加した高井
「クリーンなNPO」の実態に戸惑う女子大生
若者はなぜ、「過激派」に参加したのか
今も続く「三里塚闘争」の現場
「三里塚闘争」が残した2つの爪痕
見落とされる「正義」の重層性
60歳の活動家が語る闘争の現在

第5部 「グローバル化」のなかにある「現代日本の際」

第10章 「偽装結婚」で加速する日本のグローバル化

フィリピンを訪れた「新郎」
戸籍を汚して得る「報酬」の決まり方
厳格化するタレントビザの摘発
「偽装結婚」の摘発が進まない理由
「新郎」が語る摘発の実態
グローバル化は今に始まったことではない
2つの貧困で変わる「家族」と「結婚」

第11章 「高校サッカー・ブラジル人留学生」の10年後

簡易ベッドで眠るブラジル人
サッカー留学生がたどる複雑な生い立ち
15歳で急遽来日、両親との再会
孤独な寮生活で溜め込むストレス
高校を中退、アルコールに依存する生活
10代後半から水商売を転々と
周囲を魅了し、裏切り、逃げ続ける
再起を賭けてふたたびサッカーの道へ
法改正で急増した浜松のブラジル人
決して逃れられない「負の呪縛」
故郷ブラジルで見続ける日本での夢

第12章 「中国エステのママ」の来し方、行く末

「豊かで幸せな生活」を求めて来日したチェ・ホア
働かない父親、貧しい環境で育った幼少時代
大学時代に募る日本文化への憧れ
転職先のアパレル企業で社長の愛人となり貯蓄
念願の来日を果たし、日本語学校に入校
「富士そば」ですすったタヌキそばの思い出
「中国エステ」との出合い
仕事で学んだ日本人サラリーマンの本音
「中国エステ」の実態
「中国エステ」は誰が始めたのか
「オニイサン、マッサージいかがですかー?」
摘発の厳格化で進む「オシャレ化」
就職と事業に失敗し、「中国エステのママ」に
50万円で店を売却した理由
従業員の性的サービスが招いたトラブル
健全店として生き残るために磨かれる技術
できちゃった結婚と離婚、さらに「偽装結婚」へ 
規制強化に翻弄されながらも経営は順調
「豊かで幸せな生活」を求めて「カネの奴隷」に

終章 漂白される社会

変化する日本社会が向かう先
「周縁的な存在」と「あってはならぬもの」の正体
12の旅で見えてきたもの
「安全や信頼」の再構築が放棄される
もはや「客観的な安全」などない
現代社会への問い、その答えの1つ
漂白される社会

おわりに

主要参考文献
索引
漂白される社会
ダイヤモンド社
開沼 博

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 漂白される社会 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック