守れる選手が減ったパナ 10/20サントリー34-20パナ #rugbyjp 

友人に録画してもらったTVKサントリーパナソニック戦を観戦。2ヶ月前の試合。
前半は13-13。双方PGで3-3のあとソニー田邊西原山田とつないでリードしたパナソニックだが、また双方PGのあと、サントリーがジョージスミス、ニコラスライアン、ピシとつないで同点。双方攻め合うもサントリー優勢の感。攻めてる時間が長い。パナよく守っているが。
後半ラインアウトからモールになってデラー二が飛び込み20-13。12分。
ここまではパナよかったが。
あとはサントリー一方的。攻めてラインアウトになってはノットストレート。あるいはノックオン。
逆にサントリーの攻めはよく守るもののボールを奪うことができず、ミスのないサントリーにフェーズを重ねられ、最後は守り疲れてトライを許す。16分同点、22分31分。22分はいったいフェーズいくつまでいったのか。
パなのチャンスはイーリーのキックを山田追いきれずトライならず、最後の最後SBWのすごいパスからトライ寸前まで行ったがトライならず。数少ないチャンスをものにできなかった。

要するにサントリーの自力が上回っていた。
パナは敵ボールがとれない。
これは一昨年までとはディフェンスの力が違うことが大きい。
SOデラーニ、CTBのSBW、WTB山田。この三人はあきらかにディフェンスが前任者と比べて劣る。
トニーブラウンは凄かったなぁ。守って、ボールを奪う。

ディフェンスが落ちれば、上位チームには厳しい。
しかも要のHOとSHがNZに行っていて、、。

2人が帰ってくるプレーオフで雪辱なるだろうか。
その前にまずは明日の神鋼戦か。
もしこのままサントリー神鋼パナ東芝ならプレーオフセミファイナルはパナ神鋼になる。
プレーオフ進出の決まった神鋼は手の内を見せないかな?
パナはそんな余裕ないし。
楽しみ。

後半も

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック