監査と父子関係の映画 プリンセストヨトミ

なんだか壮大なタイトルだけど、2時間見てみて、これは監査と親子関係がテーマの映画だったと気づく。
夏の陣で生き延びた豊臣の末裔を守るため大阪国がある、なんてどうでもいい話。
だいたい明治維新の財政難を大阪が救ったから大阪国条約を結んでて、それがいまや年間5億円の補助金でなりたってる、なんておかしいでしょうが。
それを監査しに行って大阪国の秘密を大阪国首相から聞いて、自分が父親と遣り残したことを知る、、。

そう、監査もどうでもいいか、父と子がテーマか。

ちょっと無理があるなぁ。

プリンセス トヨトミ DVDスタンダード・エディション
ポニーキャニオン
2011-11-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プリンセス トヨトミ DVDスタンダード・エディション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック