Sharpen the Sawそして 思いはかなう

アクセスカウンタ

zoom RSS 計画停電が招く?イベントの相次ぐ中止 このままでは日本経済、東北の復興が遅れる

<<   作成日時 : 2011/03/20 22:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

■相次ぐ「中止」

ここのところ、「中止」の報道が相次ぐ

私立中高、期末試験中止
大学入試中止
各大学卒業式中止
http://www.keio.ac.jp/ja/news/2010/kr7a43000005eo1u.html
板橋Cityマラソン大会等中止
http://i-c-m.jp/
ラグビー東京セブンス中止
http://sevens.rugby-japan.jp/games/2011/id10014.html
早稲田大学入学式中止、始業は5月から
http://www.waseda.jp/jp/news10/110318_nc.html
各地の桜祭り中止
http://www.matsudo-kankou.jp/sakura/index.html
浅草三社祭中止
http://www.sanjasama.jp/

もちろんやむを得ないものもある。
震災直後の混乱で行えないものは当然あった。
しかし。。。
あの電気を食う東京ドームでのプロ野球が開催されようというのに、なんで桜祭りや三社祭りが中止になるのか。世界の強豪が集まるラグビー東京セブンスが中止になるのか。
わけがわからん。

■電力不足が「中止」の原因?

東日本は確かに足かせがある。そう、電力。電力がないために中止になるなら仕方ない。
しかし、それだけだろうか?
福島原発のダウンで、電力状況は厳しいという。今日の記者会見で、明日21日は需要予測、供給とも3400万KW。予備率ゼロという。午前は計画停電はしないが、午後天気が悪く、電気を使う。ここまでは織り込んでいるが、もし設備に故障が出たら計画停電するかも、という。
ここには知恵も工夫も何もない。
足りなそう、だから計画停電、それだけだ。

■「中止」の原因となった計画停電

今回、様々なものが中止になるきっかけが、この計画停電だと思うのだ。
直接的には、計画停電で電車が間引きされ、集まる人の足が混乱すること。
早稲田もはっきりそれを理由にしている。

***
この地震による余震は未だ収まらず、計画停電による交通機関の混乱もあることから、2011年度入学式をすべて中止することといたします。
***

そして間接的には、「計画停電」がもたらす人の心の委縮だ。
計画停電を、東北の人の電気を確保するため、と思っている人がいまだにいる。全く関係ない。あくまで東電管轄の電力の話なのだ。自分たちの電気を守るために節電しながら、計画停電させられているのだ。
それを「東北の人が我慢しているのだから、関東でも」という気にさせて、計画停電している。
都内在勤の周辺県民は、仕事が終わったら早々と家に帰る。呑みになど行かない。都内の飲食店は節電でネオンが暗いうえに、人がいない。閑古鳥が鳴く。皆我慢だ。
その我慢の余波で、何でもかんでも中止になっている。

■必要以上の「中止」は日本経済をだめにする

わけのわからない「自粛」で中止するのはやめた方がいい。
日本自体が委縮してしまう。経済が停滞してしまう。結果、配慮したはずの東北地方の復興も遅れることになるのだ。元気な人は大いに飲み食い楽しめばいいのだ。特に西日本!西日本では何一つ中止にする必要はないのだ。
そう、野球だって、西日本でやれば全く問題ない。
東日本でも、電気を食わない花見や祭はどんどんやればいいのだ。

そもそも、委縮の原因になる「計画停電」を、知恵を絞ってやらずにすむようにすればいいのだ。
そうでなければ本当に日本はだめになる。

民主党岡田幹事長が

、東京電力が実施している計画停電について、「電力需要のピークがあるのに、なぜ各時間で区切って計画停電をするのか。ピーク時だけ大口需要を規制することも有効ではないか」と述べ、見直しが必要だとの考えを示した。(読売新聞) 

といったという。極めて正論。
早く政府は過ちに気づき、東電に知恵を出させ、政府自身も考え、どんどん法制化し、計画停電などなくしてほしい。

■大停電を避けるための大前研一案

そこで大前研一氏。
今日の大前ライブで、大前研一氏は「計画停電の愚」とはっきり言い切った。東電を切り捨てた。
そして、返す刀で、ではどうすべきか、解決案を出している。

=======
・東電はコンピュータで動く近代社会を理解していない 安易に了承した首相は??
・東電らしい差別 難しい地域を避け弱者に集中 
・ピークでブラックアウトが起きる 
 →節電より集中排除が対策 
・15%カットの案を3つ重ねる
 -4月からサマータイムで2時間ずらす 
 -週5日間を選択制で操業し平準化する 
 -夏の甲子園を中止、または春か秋に 
・可及的速やかに東西グリッドの完全接続を 
========

というフィリップを使って。
要するに、計画停電する前に知恵を絞れ!ということ。
私もまったく同感で、ここ数日このブログでかみついたわけです。

先ほどの記者会見も何の工夫も感じられない。今までの通念での需要予測をそのままにして、供給が足りないから停電するというのだから、無責任きわまる。停電を何とも思ってない。
大前さんではないが、いかに今の電気中心の生活で停電になるということが生活をひどく混乱させることか。
むろん、だからと言って大停電になっていいとは言ってない。むしろ逆で、停電を一切なくす知恵を絞ろうといっている。

私は3日間かみつきながら、具体案は出せなかった。東電は資料を出せ!というのがせいいっぱい。
しかし大前さんは、ある資料を引っ張り出して、対案を出した。
その資料とは

発電電力量の構成 資料元「電源開発の概要」資源エネルギー庁 原発 約30%
月別の電力需要量の分布 資料元「エネルギー白書2010」経済産業省 2008年度
曜日別の電力需要量の分布 (東電管内) 東京電力 2007年8月6日ー12日
夏季一日の電気の使われ方 資料元「エネルギー白書2010」経済産業省 2008年度
エネルギー需給と経済成長 資料元「エネルギー白書2010」経済産業省

このうちのいくつかは実は私も入手していた。ただ、夏の資料だけなので、冬の資料がないと、あきらめていた。
しかしそこは大前さん。夏の資料だろうがなんだろうが、あるものを利用して、提案をする。
それが サマータイム+操業日選択+甲子園中止 だった。

参った。

話は戻るが、東電は、そしてそれを鵜呑みにした政府は、計画停電が国民生活に与える影響を考えていなかったから、そして知恵を絞らなかったから、あっさり実行に移した。こんなもの英断でもなんでもない。

サマータイム、曜日ずらし、やろうじゃないの。甲子園も秋でいい。学校自体4月がないというのだから。
今年はなんでもあり。この際、非合理なものは全部なくして、暮らしやすい世の中にしましょう。

・・・その意味じゃ、早稲田も芸がないよなー。あっさり5月始業だなんて。土日学校に来させりゃいいじゃないの。
画像

これは関西の数字。関東は?
https://www4.tepco.co.jp/company/corp-com/annai/shiryou/report/bknumber/0308/pdf/ts030807-j.pdf
かな。関西の倍か。
****
今日は大前ライブおこしに時間を食い、走ったのは夕方。たった4.6キロ。でも暖かくなったので結構汗が出た。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そのとおり。今はしっかり要求するべきとき。ただ政府がやっていること、東電がやっていることに従うというのでは、私たち自身の考えがない、ということと思われます。今回の災害は本当に悲惨ですが、私たちが自分たちで考え、要求すべきことを要求する、権利のために戦うきっかけになれば良いと思います。デモでもやりますか!

にゃん太郎
2011/03/22 11:20
にゃん太郎さん、ありがとうございます。
政府に任せてはいけないと思います。
彼らも優秀かもしれませんが、しょせん同じ人間。
違う視点から「提案」したいです。「要求」ではなく。
私もこのブログもささやかながら「デモ」のかわりだと認識してます。
黙っていれば認めたことになりますから。
数百人でもこれを読んでいただき、納得、賛同していただければ、力は大きくなると思います。
まゆはる
2011/03/22 14:37

コメントする help

ニックネーム
本 文

森と水のエコクイズ2010
計画停電が招く?イベントの相次ぐ中止 このままでは日本経済、東北の復興が遅れる Sharpen the Sawそして 思いはかなう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる