若年性アルツハイマーって・・・ 映画「明日の記憶」 +ラグビー日本代表27-6カナダ

私はかねて健康なまま、人に迷惑をかけず死ぬことが出来ればと思っているが、頭のほうが壊れちゃったらどうなるんだろうと考えさせるのがこの映画。
渡辺謙が汚れ役?ではないが、広告代理店の敏腕部長が壊れていく様を演じている。
観るのは二度目だが、なんともいえないつらさが残る。
奥さんの顔を忘れるシーン、その前の場面との因果関係はよくわからないが、なんとも哀しい。

昔の長生きは元気で長生きだったのではないだろうか。体が壊れたり、頭が壊れたりしたら、周りがカバーする余裕がなくなれば、舞台から消えていったのではないだろうか。
それが今は、カバーする周りが「国」という実体のないものにすり替わってしまって、皆が「国」に頼って、でも「国」もお金がなくて、未来に、つまりこれから生まれてくる人たちにつけを負わせているのではないだろうか。
それが長寿の一方で少子化社会を生んでいるのではないだろうか。

歳をとったら今までのご褒美で人に頼るのが当たり前、という考えは持ちたくない。

しかし、頭が壊れたらそれすら考えられない。手が打てない。そうなると周囲は今の価値観で助けようとする、そうせざるを得ない。それではいかんと思う。

民主党も甘いことばかり言わず、優先順位をつけたほうがいい。私は若者、子供優先であるべきだと思う。


明日の記憶 [DVD]
東映
2006-10-21


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



***
ラグビー日本代表、カナダに快勝!トライを許さず27-6。これはいいニュース。観客も1万人入った。行きたかったなあ。カナダはW杯より力落ちてるのかな。
あさっての早慶戦は2万人行くのかな。私はテレビ観戦。友人のチケットは手配したけど。
***
今日は土曜日だけど手賀沼ラン。1.5キロ妻とのんびり走った後10キロしっかり計測。なんと48分。あれー。一所懸命走ったのになぁ。やはり人がいると燃えるのかなぁ。しっかり膝と太ももの裏にきてるけど、、。そのあと1キロ歩いて。。。
さらに往復4キロ買い物歩き。
さらにさらに往復4キロ娘のピアノ併走。
結構歩き走りました。
23000歩。
しっかり154分18100歩。
体重はめしまえに66.6キロ。
しっかりポトフをたべたので、、、。

この記事へのコメント

じんすけ
2009年11月22日 02:03
つい2~3週間前、深夜に若年性アルツハイマーになった人のドキュメンタリーを観ました。
やはり40代で発症して闘病15年で亡くなるまでだったかな。
この「明日の記憶」の通りでした。
でも現実に人が亡くなるまでだったので、観てて辛かったです。
予防できるものなら予防したいものです。
2009年11月22日 17:15
じんすけさん、コメントありがとうございます。予防、、、身体は鍛えたりケアしたりすることはしやすいですが、、(じんすけさん復調おめでとうございます)頭はその辺わかりませんよね。
お祈りするしかないでしょうか、、。
ひとごとではない映画、ドキュメンタリーですね。

この記事へのトラックバック