Sharpen the Sawそして 思いはかなう

アクセスカウンタ

zoom RSS 大前研一乾坤一擲の著作! 「知の衰退」からいかに脱出するか?

<<   作成日時 : 2009/04/09 20:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

タイトル、サブタイトル(そうだ!僕はユニークな生き方をしよう!!)はいまいちな気がするが、自称大前チルドレンの私にとって、これは大前先生のある意味集大成であると感じた。極端に言えば遺言に近いものであると。日本を憂う大前研一の「血の叫び」だ。

「知の衰退」からいかに脱出するか?
光文社
大前研一


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



問題発見コースを学び、過去数年「大前ライブ」(その週のニュースを大前さんが20本ほどピックアップして、大新聞とは違う切り口で解説するもの)を聞き続けた私は、否が応でも大前さんのように考える(考えようとする)習性ができている。
そのせいか、最近の大前さんの著作は「大前さんからすでに聞いたことがある話」と思うものが多かった。どこか物足りないものがあった。
そして今回の著作も、ベースは日ごろの大前論ではある。実際自分の著作からの引用としているところがかなりある。
しかし、今回は大前さんはそれらをすべて線、いや面でつなげた。
日本を憂う、憂国の士として、体系的に日本の現状を明らかにし、同時に処方箋を示した。
凄い本だ。

私も思う。
頭のいい人たちにすべてを任せ、考えることを止めた庶民。
それをいいことに、自己増殖、自己のシステム維持にその全能力を用いる高級官僚。
国が発展しているうちはそれでもよかった。ともに栄えた。しかし今は違う。国力は衰え、国民も疲弊する。
ETCや地デジ、さらにエコを自分たちの天下り先にしているようでは国は滅びる。
なぜ若者は欲がなくなったか。満たされているのか?一方株主や一部エリートは強欲化している。
そうなればWiner take all。全部持っていかれるのは当たり前。
生きていけない状態になれば、「自分は何も考えず任せる」ことをやめるのか。
しかし、一方で「衣食足りて礼節を知る」ともいう。人は貧しいほうが考えるのか、貧すれば鈍するのか、、、
前者が正しいと思える今の日本だ。
ここから立ち直るには、教育しかなく、我々40代はそのぎりぎりの世代なのではないか。
学んで、考えて、動きたい。
そうしないと、このグローバル社会で日本は生きていけないのではないか。グローバル社会は止められない。そこでどう生きるか、それは選択で、考えた上で結論が出るもの。考えよう。

**
しかしテポドン騒ぎの政府の対応、さらにはこの10兆円ばら撒き政策案で麻生内閣の支持率があがったという。
この程度の国民、、、、。
自民党は、いや今の役人どもは、とにかく今の体制を維持したい。10兆あれば高速などただでいいはず。それをそうしないのは、既得権益マシーンを維持したいから。
自民の中にも中川秀直さんなど、反官僚の士はいる。
民主の中にも官僚べったりもいる。とりあえず今は民主になれば官僚のトップクラスはいったん首が切られるようだが、、、。政界再編がいい。
**
そういえば小沢さんが「民主が政権をとったら記者クラブはなくす」といったそうな。
悪名高き記者クラブ。大マスコミ様の既得権益の巣窟だ。ここの許可がないと政治家も自由に取材を受けられないおかしなシステム。
**
そう、政治家は名前が前面に出て、ちょっと何かあると集中砲火を浴びる。
しかし、官僚も、マスコミも、名前が出ない。これがおかしい。名前を出して戦えばいいのだ。
われわれ国民も官僚とマスコミを信じるのはいい加減もうやめて、もっと政治家を応援しよう。寄付もして、政治に参画すべきなのだ、きっと。

とにかく今回の10兆の補正予算は気持ち悪すぎる。
あとは野となれ山となれか、やけっぱちの大盤振る舞いか。
経済効果よりも、将来の日本よりも、自分たちのシステム保全。
嗚呼。

そういうことを考えさせてくれる、著作です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【本】「知の衰退」からいかに脱出するか?―日本は10年やそこらでは立ち直れないと暗に示唆する大前研一...
  いつもの大前さんらしくないところが、あまりにも刺激的過ぎる本でした。 ...続きを見る
企業法務マンサバイバル
2009/06/11 07:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近、テレビや雑誌、新聞を読んでいると日本はバカ化kしているなと感じていたが、まさにその現象を憂いている本である。私はその要因はマクドナルド(アメリカ式合理主義に徹した大量生産食料)、任天堂DS他のゲーム機(ゲーム脳)、そしてテレビのバラエティ番組およびバラエティ化した番組(すべてをお笑い化して真剣に考えない人間を作り出す)にあると思う。
大前さんは知の衰退に危機感を持ちながらも、政治の世界に入って改善していくことをあきらめたと書いてあるが、それでは中途半端だろう。これだけの影響力を持つ人間であれば、自分が政治リーダーになれないとしても、担ぎあげる人間を探して教育するなどのやり方があるはず。本を書いたり、有料ブログで訴えるだけでは商業主義と言われても仕方がない。もう一段踏み込んだアクションを見せてほしい。
Nippon頑張れ
2009/04/12 00:06
最近、テレビや雑誌、新聞を読んでいると日本はバカ化kしているなと感じていたが、まさにその現象を憂いている本である。私はその要因はマクドナルド(アメリカ式合理主義に徹した大量生産食料)、任天堂DS他のゲーム機(ゲーム脳)、そしてテレビのバラエティ番組およびバラエティ化した番組(すべてをお笑い化して真剣に考えない人間を作り出す)にあると思う。
大前さんは知の衰退に危機感を持ちながらも、政治の世界に入って改善していくことをあきらめたと書いてあるが、それでは中途半端だろう。これだけの影響力を持つ人間であれば、自分が政治リーダーになれないとしても、担ぎあげる人間を探して教育するなどのやり方があるはず。本を書いたり、有料ブログで訴えるだけでは商業主義と言われても仕方がない。もう一段踏み込んだアクションを見せてほしい。
Nippon頑張れ
2009/04/12 00:06

コメントする help

ニックネーム
本 文

森と水のエコクイズ2010
大前研一乾坤一擲の著作! 「知の衰退」からいかに脱出するか? Sharpen the Sawそして 思いはかなう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる