読書 武蔵が歩いた道 アズプロジェクト編 JTB

 副題に「小説と史実の狭間」とある。
 吉川英治著「宮本武蔵」は好きで、さらに歴史をたどる旅行が好きな人であれば、この本はなかなかよいガイドブックになろう。
 かく言う私もその一人である。父に勧められ、中一のときに初めて読んだ長編歴史小説「宮本武蔵」。梶原一騎原作川崎のぼる作の「巨人の星」に通づるものがあり、主人公が求道する姿に引き込まれた。人間を高めていくには書くあるべしと、思春期の初めに強い影響を与えられたものだ。

 そんな”吉川武蔵”が歩いた道のりを写真つきで辿る本だ。関が原で暴れ、美作で沢庵和尚に捕まり、姫路で幽閉され開眼し、京都で吉岡一門、奈良で柳生とあいまみえ、中仙道、馬込妻籠を通って江戸に上り(当時はくだりか)、小説の最後は巌流島。
 史実はそうではないのだが、もうあの小説がしみこんでいるので、宮本武蔵はそういう人物と思い込んでいる人が多いという。その点も私もご多聞に漏れない。武蔵は悩む思春期、大学時代にもう一度読んで、いよいよ刷り込まれた。大学時代に実際妻籠馬込を歩いたり、京都4泊5日の一人旅で一条寺下がり松など見てきている。

 この本は気楽に読むべし。
 しかし、吉川英治の「宮本武蔵」は、男の生き様として、心して読むものと思っています。

 久々ののんきな週末、一気に本を読んでしまいました。
画像


 武蔵が歩いた道 単行本

・・賀状作りで朝が遅れた月曜の朝はあまり歩けませんでした。
昼はそれを挽回すべく、クライアントまで千駄木から茗荷谷。
妙におなかがすきました。
そんなところに敬愛する先輩から愛の手、六花亭のお菓子の詰め合わせ。レーズンサンドを食べておちつきます。
昨日のお米といい、ありがたいことです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック