映画 トム・ホーン

「トム・ホーン」(4・50終)
スティーブ・マックイーン晩年の映画。うーん、短すぎて展開についていけない。
牛泥棒退治に雇われ、胎児のためには殺してもいいといわれていたガンマン。忠実に仕事をしていただけなのに、次第に疎まれ、死刑になる、、。
かつてジェロニモと戦ったようだがその辺はよくわからなかった。
スティーブ・マックイーン、病気に冒されている顔だった。かっこいいが。

≪詳細情報≫
トム・ホーン◇79年、米。スティーブ・マックイーン。実在したガンマンの半生を晩年にスポットを当てて描く。西部開拓時代末期、大牧場主たちに家畜探偵として雇われたトム・ホーン。牛泥棒を次々に退治していくが、容赦ない彼のやり方に恐れを抱き始めた人々は彼を葬り去ろうとする。ウィリアム・ウィヤード監督。(字幕)
画像


トム・ホーン
トム・ホーン [DVD]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • トム・ホーン DVD

    Excerpt: マックイーンの最後の西部劇ですね~♪ 伝説のガンマン、トム・ホーンを演じてますが、西部劇としては地味かなぁ・・・史実に忠実に描いたら、こんなモノなんでしょうか? 牛泥棒退治として雇われ、忠.. Weblog: 観たよ~ん~ racked: 2008-04-12 08:32