Sharpen the Sawそして 思いはかなう

アクセスカウンタ

zoom RSS BBT大学院大学 オープンカレッジ修了式

<<   作成日時 : 2007/05/27 19:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
4年以上前に大前研一主宰のBBTの問題発見コースを修了し、つい一昨日もその修了生で、今は飲食チェーン店の社長をやっている方の体験談を夜中まで伺い非常に刺激を受けた私であるが、今日はさらに刺激を受けた。
BBT大学院大学ができて1年以上たつ絡みもあるのだろうが、今日は表題の「BBT大学院大学 オープンカレッジ修了式」第一回目。発見コースもその対象に入れていただいたようで、狩猟式に参加。日曜の13時半、場所は富士ソフト秋葉原ビル5階 大ホール。
各コースの説明のあと、大前学長登場。ひとしきり学院の話をされた後の、質疑応答の、その答えがすごい。大前節炸裂。
大前ライブでは聴いたことのない高笑い、またべらんめい調。
「会社でBBT流で闘っても勝てない、むなしい、渇を入れて欲しい」の質問(?)に、「自分は日本をよくしようと思って色々やってきて、都知事選まで出て敗れた。しかしめげずにさらにいろいろやってきている。しかし会社はだめなら出るべき。そのための生活の担保は必要。」とばっさり。さらに、「憲法をゼロから考えることは十数年前に提示してる。とてもムリと思っていたら、頼りない安倍さんが国民投票法を通した。その段になって9条以外を考えた日本人は自分しかいないことに皆気づく。皆考える力がない。」とばさりばさり。さらに「自分はクラリネットがほしくて通訳をやった。原子力でロジカルシンキングを学び、マッキンゼーで経営を学んだ。今必要になってることは別々の場所で学んでいる。どこで何が必要になるかわからない。長いスパンで見れば、しつこくやり続けることが大事」と。
レベルは全然違うが私の今に通じるところがあり、感銘。

もひとつ、MECE(もれなくだぶりなく)の解釈に大感動。
「ダブりなくはわかるが、もれがないことはどうしてわかるか?」という質問に、「100%でないのに100%になってるつもりでしゃべってるやつらが多い。”女と若い人”などという具合に。それがなくなればいい。固く考えるな。たして100になればいい。」と。めうろこ。
斉藤さんの講義でも同じ質問があり、斉藤さんは演繹法帰納法をくりかえして考えればもれがへる、、、と言っていた気がしたが、それよりだんぜん明快。
さすが。

大前さんは金融資産年25%、不動産100%の利回りでやってるそうです。
もとがすごいだろうに、まったく。
そういうことがあって日本の郵貯に塩漬けの現状を憂いて資産形成講座をはじめたそうです。
うーん。
受講生にも「10%でまわしてダブル年金になってる」なんていう喜寿の方もいらっしゃいました。燃えます。

1時間以上の大前節のあと、懇親会で各コースの修了生と懇談し、刺激を受けて帰ってきました。

http://www.bbt757.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

森と水のエコクイズ2010
BBT大学院大学 オープンカレッジ修了式 Sharpen the Sawそして 思いはかなう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる