ラグビー 関東学院31-15同志社 早稲田61-5法政

雨の準決勝2試合。正月で酒を飲みながらのテレビ観戦となった。
率直な感想は、同志社よくやった、有賀すごい、早稲田強い。だ。

後半10分、同志社が攻めに攻めてやっと関東の防御を破りトライを決めたのに、その1分後あっという間に縦に抜けてトライ。同志社が10分近く攻めつづけて取ったトライの直後だけに、痛かったと思う。逆にいえば関東はあれで勢いづいた。要するに有賀のキャプテンシーが関東に勝利をもたらしたといっていいだろう。あのトライがなければ、同志社が勢いづいていたかもしれない。試合の分かれ目だった。
それにしても同志社よくやったと思う。国立に出るにふさわしいチームだった。
試合自体も関東の最後のトライが出るまではどちらに転ぶかわからない、いい試合だった。

もう1試合は早稲田の強さばかりが目だった。今期の法政は国立に出られるチームではなかったかもしれない。早稲田の個人の強さ、組織の強さを止めることは出来なかった。しかしまさかスクラムトライまでやるとは、早稲田強い。

決勝は有賀1人の関東対早稲田では、関東の勝ち目はないだろう。早稲田はどこからでも点が取れる。自陣からでもあっという間に行く。関東がどこまで止められるか。ロースコアならあわや、、、だが難しそう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • がっかり

    Excerpt: 大学選手権準決勝、同志社VS関東学院。後半15分頃の正面のトライは会社で見ていた。FWで散々攻めた後、意表を突いてBKに展開。見ている私も意表を突かれたほど、痛快なトライだった。ちょうど、他の出勤者が.. Weblog: 「しょうま」のあんま ぼやきブログ racked: 2006-01-04 12:44