Sharpen the Sawそして 思いはかなう

アクセスカウンタ

zoom RSS そろそろ左派は〈経済〉を語ろう レフト3.0の政治経済学 反緊縮政策

<<   作成日時 : 2018/07/11 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブレイディみかこ
松尾匡
北田暁大

左派による反緊縮政策を!がテーマの本。
保守、リベラル、右派、左派という言葉の定義が、
今の政治家の振る舞いの中で意味不明になりつつある。

保守本流を名乗る安倍政権の金融緩和政策が実はリベラル的だったりしているのがその証左。
と言って安倍さんにリベラルな気持ちなど全くなく、
ただ、国民受けする政策をして支持率を上げて、悲願の憲法改正がしたいだけ。
自民党のその他の有力者は皆財政均衡、消費税増税派。
田中角栄時代の自民党はもうないのだ。

だからこそこの本は問う。
今こそ左派は反緊縮政策を掲げ、現政権を倒せと。

政治は経済だ。
私は、今は諸悪の根源のように語られることの多いミルトン・フリードマンの理論の信仰者。
彼の理論を「新自由主義」とすることには違和感はある。
大きな政府、国民から税金を集め恣意的に使う、というやり方に反対、
というのは正論だと思う。今でも思う。
そんな大金の投資先を、正しい判断が出来る人なんていないだろうと。

その点、消費税増税はある意味大きな政府につながるわけで、
フリードマンがたたかれるのもそういうことか?

ベーシックインカムはありだと思う。
よくよく考えれば、民主党の子供手当は、ある意味子供へのベーシックインカムだったのではないか。
これを国民全員に広げる。
財源は?
日銀が刷る。
それで行けるのではないか。
ハイパーインフレが怖い?
貯金している人が怖いだけ。持たない人は怖くない。

そもそも今の財政不均衡とやらも、実は不均衡ではないのだ。
金持ちの貯金が銀行を経由して国債となって日銀に買われているのだから。
貯金という生きていないお金が借金の形を取って生きるのだ。

そもそも経済でこれが正しい、なんてことはない。
昔は金本位制が正だった。今誰もそんなこと言わない。
今や国の保証さえいらない、という仮想通貨が出回っている。
要はものが、役務が動けばいいのだ。

老人が老後の心配にとっておいている金を市場にださせればいい、と「心理経済学」で
大前研一氏が言っていたが、まさにそうだ。
お金、なんてなんでもないのだ。

皆が人の役に立てば、世の中は回る。
そういう世の中を作らなきゃ。

老人が自分の財産にしがみついて若者を犠牲にする社会に未来はない。
老後の備えの財産が1800兆?国民一人当たり1500万?
信じられん。


第1章:下部構造を忘れた左翼
第2章:「古くて新しい」お金と階級の話
補論1:来るべきレフト3.0に向けて
第3章:左と右からの反緊縮の波
第4章:万国のプロレタリアートは団結せよ!
補論2:新自由主義からケインズ、そしてマルクスへ
そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3.0の政治経済学
亜紀書房
ブレイディ みかこ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3.0の政治経済学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

森と水のエコクイズ2010
そろそろ左派は〈経済〉を語ろう レフト3.0の政治経済学 反緊縮政策 Sharpen the Sawそして 思いはかなう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる