Sharpen the Sawそして 思いはかなう

アクセスカウンタ

zoom RSS 安全保障は感情で動く (文春新書 1130) 潮 匡人 朝鮮、米中

<<   作成日時 : 2017/08/07 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

北朝鮮がICBMを飛ばす能力をつけたことを誇示する挑発に、
今のところトランプアメリカは静観。
一触即発、なのか、このままアメリカは指をくわえ、
北朝鮮が増長するのか。
ついでに中国もどんどん人工島をつくって、
南シナ海を自分のものにするのか。

トランプも自分の国のことで精いっぱいになってるからな。
なにもおこらないかも。

しかしそうなると日本の立場がなくなる。
中国に、北朝鮮に、韓国に蹂躙されかねない。
だからアメリカのポチになってちゃだめなんだよね。
自分の国は自分で守らなきゃ。
そうじゃなきゃ国である意味はないでしょ。
アメリカ56番目の州のほうがいい、となってしまう。

それが嫌なら自分で守りましょう。
重武装中立。
ア、そんなことはこの本には書いてません。

著者は軍事にくわしい論客。
でもこの本、ちょっと煽ってるかなあ。


第1章
「見捨てられた人々」の逆襲が始まった
第2章
アメリカ合衆国が最大の懸念となった
第3章
第二次朝鮮戦争が始まる
第4章
米中戦争の可能性が「非常に高い」理由
第5章
だから戦争はなくならない
安全保障は感情で動く (文春新書 1130)
文藝春秋
潮 匡人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 安全保障は感情で動く (文春新書 1130) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

森と水のエコクイズ2010
安全保障は感情で動く (文春新書 1130) 潮 匡人 朝鮮、米中 Sharpen the Sawそして 思いはかなう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる