Sharpen the Sawそして 思いはかなう

アクセスカウンタ

zoom RSS 福井モデル 未来は地方から始まる 藤吉 雅春 富山市モデル、鯖江市モデル

<<   作成日時 : 2015/10/09 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0



少子高齢化人口減少の日本はかくあるべし!という内容の良書。
タイトルがなぜ「福井モデル」なのかは疑問ではあるが
(事例のほとんどは富山市と鯖江市。)、
そういう細かい点を除けば、極めて建設的、定言的な論文になっている。

富山市をコンパクトシティにするために様々なアイデアを実行する富山市長、
大企業誘致ではなく地場の中小企業を盛り上げることで独自色を出し、
市外の学生から新しいアイデアを求め、それを実行して行く鯖江市。

女将のいうことをただ受け入れる、呑みこむのではなく、
自分たちの実態に合わせ、自分たちで考えるのが素晴らしい。

何せおかみの考えた平成の大合併は、消滅可能性都市の対策であるコンパクトシティ化の障害となりつつあるわけだ。
合併した複数の自治体が、どこをコンパクトシティの中心地にするかでもめるわけ。
地方を知らないおかみのやることにろくなことはない。

北陸三県、富山石川福井は幸福度が常に上位という。
実収入、生活保護受給の低さ、学力テスト、PISA、東大合格者(しかも公立出身)、体力テスト、
社長輩出率、就職内定率、共働き率、人口あたり書店数図書館数、持ち家率、保育園、正社員、、、
枚挙にいとまがない。

福井というと原発を誘致しないと経済が成り立たない県というイメージがあったが、
それが根底から覆される内容。

ただ、ここでとりあげられているのは県ではなく、富山市、鯖江市であり、
同じ県の中でも事情が違うことは想定できる。福井県鯖江市は頑張っていても、若狭は厳しい、
ということなのかもしれない。

しかし、その差は地形的な問題もあろうが、なにより「人」だろう。
与えられたやり方に従うのでなく、自分たちで考え、変えていく。
そこからしか発展は生まれない。
サラリーマンでなく社長が多い、ということもそうしたことの土壌になっているのかもしれない。
社長が誰かに言われたことだけやってたら間違いなくつぶれるから。

日本の縮図だ。
進学校で言われたことだけ覚えていい大学に行って官僚になって、
アメリカに言われたことを忠実に守ってたら、日本は滅びる。

そのあたりに触れたのが最終章なのかな。授業のあり方。旧態依然の学校教育では考える頭はつくれない。

自分もひねくれているのか、言われたことをそのまま受け入れるのは大嫌いで、自分で考えたい性格だが、
それはどこで育まれたか、、、親が自営業だから?中等部塾高がのんびりしてるから?
どうなんだろ。

富山市と鯖江市に行ってみたくなった!

第1章 「過去」未来は過去の中にある
発見された遺体
少子化対策を阻んだA級戦犯 ほか

第2章 「現在」世界を唸らせた富山市の挑戦
世界でブレークした富山市
住みやすさが負担になる日 ほか

第3章 「未来」新しい仕事を創り続ける福井モデル
斜陽産業版シリコンバレー
なぜ産業が強くなるのか? ほか

最終章 すべての答えは、学校の授業にあった!
一九九八年に日本は変わった
教育は投資だという「逆算の発想」 ほか
福井モデル 未来は地方から始まる
文藝春秋
藤吉 雅春

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 福井モデル 未来は地方から始まる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
人間力を高める読書法 武田 鉄矢 ともに高めましょう!
文化放送、podcast「武田 鉄矢 今朝の三枚おろし」 お世話になってます。 これをきっかけに読んだ本が何冊もある。 ...続きを見る
Sharpen the Sawそして 思...
2017/05/31 21:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

森と水のエコクイズ2010
福井モデル 未来は地方から始まる 藤吉 雅春 富山市モデル、鯖江市モデル Sharpen the Sawそして 思いはかなう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる